2013年3月11日 (月)

ピーコジャパンの逆襲

皆のもの大儀じゃ。
野球好きにはたまらんかった週末。
おみごとピーコジャパン。
WBCジャパン率いる山本浩二ことピーコ。
その由来は、おすぎとピーコのピーコの眼鏡と浩二の眼鏡が酷似しているからという恐ろしさ。
昨日の対戦相手オランダの監督は日本はノーパワーだとコメントしてたらしい。
相手をなめると得てしてこういうことになるもんだな。
ピーコも溜飲が下がったのではないか。

思えば、選手会によるWBC不参加のごたごたから始まり、三連覇もかかって誰もやりたがらぬ監督を引き受け、メジャー組みに断られるモチベーション低下の中、急遽召集された一癖もふた癖もある一流選手達を束ねるのだからその心労思うところがある。
周りからは三連覇は無理だとやる前から酷評され、打てない打線の責任も問われ続ける。
野村さんはやりたかったかもしれんが、さすがにWBCは体力的に厳しいのではないかと思う。
バッテイングは、いくら調整を早めても実戦の感覚が戻るまでが非常に難しい。
二軍の若手ならまだしも、一軍でレギュラーを何年も張ってる連中からすると身についた調整時期を変えるだけでも中々大変。

さてピーコの采配だが、打線の組み替えや代打起用は的確だとわしは思う。
?と思ったのは聖澤がメンバーに選ばれなかったことぐらいだ。
吉見も大島も怪我だと言われればごり押しは難しい。
調子の上がらない阿部や長野をスタメンから外したり、二番井端は誰でも考えるとしてラッキーボーイ的な角中や鳥谷を一番に起用するなど。
ブラジル戦の井端代打も的中している。未だに調子の上がらない長野を代打で起用するのもあれだけのいい選手、必ず復調してもらわんという思いがある。
オランダ戦の乱打戦でしっかり四球を選んだのだから長野は少し復調の気配があるのではないかな。
ピッチャー交代は東尾に任せているんだろうし何の問題もない。
野球ファンはもう少し大らかな気持ちでピーコを応援してほしい。

それにしても、ブラジル戦と台湾戦がひとつポイントだった。
MVPはやはり井端をおいていないだろう。
敵にするとこれほど厄介なバッターはいない。
井端のように右足を引いて右に打つ打撃を身につけたいんだが、その難しいこと難しいこと。
そして鳥谷。
ツーアウトからの博打盗塁。
よく思い切った。
ツーアウト一塁になった時に、緒方コーチに相手ピッチャーのクイック時間を確認したそうだ。
ピーコジャパンのメンバーで一番打撃を心配していたんだが、得意の選球眼できっちり四球を獲ってるし、気張らず冷静にプレーしているのかもしれない。
WBCから戻ってきた時に一回りも二回りも大きくなって帰ってきてほしいもんだ。

2013031115190000

2012年10月24日 (水)

優良外人 その4

皆のもの大儀じゃ。
四番手は、右打者といこう。
ブーマー・ウェルズ

以下、マニュアルから抜粋。
アメリカ合衆国アラバマ州出身の内野手。右投げ右打ち。身長2m、体重100kgと見た目もメジャー級な、80年代のパリーグを代表する助っ人。本名は「グレッグ・ウェルズ」だが、球団が「ブームを呼ぶ男」となるように、登録名をブーマーとした。来日2年目の1984年には阪急ブレーブスのリーグ優勝に大きく貢献し、自身もシーズンMVP、来日外国人初の三冠王を獲得した。

ブームを呼ぶ男ブーマー。命名が素晴らしい。
とにかくデカ~イ。相手を威嚇するには十分な助っ人だ。
フォロースローで押し込むのであまりきれいな打ち方に見えないが、長打も打率も残すバッターだった。
タイミングをとるのが実にうまそうだ。
三冠王をとるのだから基本、穴はないと見てよい。
日本シリーズでは広島の内角攻めを意識しすぎたかもしれんな。
130打点をあげた時には、リアルタイムに驚愕の思いだった。
2012102321250000 2012102323480000

2012102323370000 2012102323450001

2012年10月23日 (火)

優良外人 その3

皆のもの大儀じゃ。
三番手は、セリーグから。
ウォーレン・クロマティ(高校)

以下、マニュアルから抜粋。
アメリカ合衆国フロリダ州出身の外野手。左投げ左打ち。89年には、球団歴代最高安打となる3割7分8厘を記録。同シーズンの96試合までは、打率4割をキープするという活躍をみせた。退団後は、メジャーリーグでのプレーや、格闘技イベント「ハッスル」にも出場した。

ご存知クロウの愛称で親しまれた選手だが、メジャーバリバリの実績を引っさげて日本の野球でも成績を残したな。
100試合近くで4割なんて、今後お目にかかることはまずないだろう。
バッテイングフォームは昨今だとヤクルトのミレッジのような極端なクラウチングスタイルなんだが、いまだにあの打ち方がわしの中では理解できんw
バッテイングセンターであのフォームやったら腰痛めたw
怠慢プレーや乱闘というイメージも巨人ゆえにたたかれちゃうんだろうな。
気の毒なことだ。
ばんざ~い、ばんざ~い、ばんざ~い。
実に陽気なおちゃめな助っ人だったぜ。

20121022220200002012102223490000_3    

2012102222160000_2 2012102222150000                        

2012年10月22日 (月)

優良外人 その2

皆のもの、大儀じゃ。
さて優良助っ人外人の発掘を始めようぞ。
二番手は、パリーグから。
ラルフ・ブライアント

以下、マニュアルから抜粋。
アメリカ合衆国ジョージア州出身の外野手。右投げ左打ち。東京ドームスピーカーや電光掲示板への直撃弾など、数々の「B砲伝説」を打ち立てた選手。1989年にはシーズン中に4度の1試合3本塁打を記録。その年の西武ライオンズとのダブルヘッダーでは、圧巻の4打数連続本塁打を放って、近鉄バッファローズのリーグ優勝に大きく貢献した。

この2、3行の記録を見るだけですさまじい匂いがする。
しかもこのブライアントは一度中日で戦力外になった身であり、外人を見極めることの難しさがよくわかる選手じゃ。
そりゃ、ランナーいるところでいつもブルンブルン空振られたら使う方は溜まったもんじゃない。元祖大型扇風機と言われたトマソンをはるかにしのぐ凄まじさ。
一説には藤井寺球場の客席にまでその空振り音が聞こえたとか。。。
しかし~やはり助っ人はこうでなければいかん。
ここぞと言う時の勝負どころで確変しだすと手がつけられん、ちょっとした漫画じゃw。
確か、今西武の監督のなべQも洗礼あびとったんじゃないか?
ある意味よくも勝負したもんやと感心するわい。
すぐに敬遠する今の時代には考えられんこっちゃ。
古き良き時代のパリーグを象徴する、決して忘れることのできない助っ人ではないか。

2012101823250000_22012101823540000

2012101823310000_2  2012101823360000   

2012年10月17日 (水)

優良外人 その1

皆のもの大儀じゃ。
ハムと兎の優勝も決まり、CS決定戦が始まる昨今。
振り返れば、我が虎の体たらく情けなや。
兎にカモられ、ペナントぶっちぎりの原因を作ってしまう。
暗黒時代でさえ、巨人にだけは負けるなが合言葉やったのに。
特に打線の貧弱さは目を被うばかりじゃ。
そして金本、城島、コバロリを筆頭に引退/戦力外通知が、この時期で既に10人を軽く超える有様。。。
どうしてこうなったんだ。。。
超優良外人を獲得し、得点力がアップしないかぎりは、来シーズンも苦難の道だ。
そこで、わしが願掛けも兼ねて記憶に残る助っ人外人の特集を企画する。
なぜ、この時期にそんな変なことを考えるかだって?
ふふふ。
ちょうど、缶コーヒーのおまけに優良助っ人軍団がついておるからじゃ。
この面子の中の超優良クラスが一人でも獲得できれば、展開は一気に明るくなる。
逆に言えばもうそれしかない。
頼むぞ、来シーズンの新外人よ。

さて切り込み隊長だが、もうこのひとしかおらんやろ。
ランディ・バース
以下、付属のマニュアルより
アメリカ合衆国オクラホマ州出身の内・外野手。
右投げ左打ち。
80年代のセ・リーグを代表する「史上最強の助っ人」と称される。
セ・リーグ初の外国人選手本塁打王。
入団3年目の1985年には、阪神の21年ぶりのリーグ優勝、日本一に大きく貢献し、三冠王に輝いたほか、シーズンと日本シリーズの両方でMVPを獲得。
2年連続の三冠王は外国人選手唯一の偉業。
引退後はオクラホマ州上院議員に。

あまりに強烈すぎて、言葉がない。
その美しいバッティングフォームから無駄のないスイングとフォロースロー。
入団当初はごたぶんにもれず変化球に弱いという印象だったが、阪神にいた長崎のバッティングを見て覚醒したようだ。
語り継がれるバックスクリーン3連発をはじめとして、日本シリーズでの工藤からの逆方向へのホームランが印象深い。実にクレーバーな選手だ。
なぜ、このように貢献しすぎた選手に対して、シーズン途中息子の治療に付き添うというのを球団は気持ちよく送り出してあげないのか。
解雇扱いになる意味が今もってわからん。
ここらがお家騒動球団阪神の謎でもある。
ちまたでは、バース監督招聘論もいまだに根強い。
もしバースが阪神の監督になったら、甲子園の阪神ファンは人格が変わるんじゃなかろうか。
真の神様に野次は飛ばせないはずだ。
バースがそこにいる。。。
もう試合の結果などはどうでもいいのだ。
そんなことが許されるのはバースだけではないか。

201210032204000020121004130200002Photo_2          

2010年11月 8日 (月)

千葉の強風

皆の者、大儀じゃ。昨日の日本S、マリンズ優勝で決まったが振り返ってみるか。なんとも不思議なシーズンだった。
戦前の予想では、大方の評論家が中日有利を歌う中、ふたを開けてみれば4勝2敗1分けでマリンズの強さがめだつ。わしも中日有利を予想していたが、まさかの展開。しいてあげれば、もともと中日ちゅうチームはパリーグ相手になぜか分が悪いので、なにか起きる予感も多少あったが(ここ最近の交流戦では払拭されたようなイメージ)、ここまで中日の投手が打ち込まれるとは。。。
期待どうりだったのはチェン一人。最後の砦、浅尾もついに力尽きて決まった。もっとも公式戦でもやらない4イニング登板はばてて当たり前か。
解説の金村氏いわく、パリーグはエース級ピッチャーが掃いてすてるほどいて、中日の投手相手にも臆するとこがなかったのではないかとコメントしている。なるほど、和田、杉内、金子、涌井、ダルビッシュ、岩隈、田中など日本代表に選ばれて遜色ない投手が多いので点取れなくてひきづってると公式戦があっという間に終わってしまいそうだ。一方、セリーグはマエケン、チェン以外で東野、由規、村中など来年以降楽しみな育ち盛りが多い。
マリンズは、公式戦最終3連戦で3連勝ですれすれ3位に勝ち上がって、ダメモト勢いが加速したが、こうまで打ち込まれると金村氏のコメントも納得できる。だからといってクライマックス制度は賛成ではないが、もともと日本S自体が短期決戦なのだから、クライマックスで敗れたソフトバンクも、本番前の予選という意味で勝ちあがれないのは日本Sに負けたのと同じことなのではないかな。日にちが空いて調整がうまくいかないと毎年言うわけにもいかない。クライマックスに泣かされているので心情的には勝たせてあげたいがな。
それにしても第6戦の15回規定引き分けは笑える。日本Sを午前0近くまでやるなんてありえない。民放の放送が極端に減ったので、プロ野球の神様がその分、今日は放映せぇとお怒りになったんだろう。昨日の試合も下手したらまた15回まで行くとこだった。テレビ局もひやひやか。
マリンズ打線に目を向けてみよう。大きいの打てるのは、金泰均の21本が最高。古田が絶賛していた金泰均だが来年はもう少しホームランがほしいところだ。チーム打率は2割7分で、もまれた続けたパリーグでトップだ。今Sも前半サブローが調子あがらず苦しんだが、そこに当たりがでてほんとに切れ目がなくなった。なつかしやデッドボール男コーチの指導の賜物らしい。去年は一部ファンとの間でごたごたのあった西岡も一皮むけたな。井口が年長者で、突出者は居なくとも若手主体のはつらさで団結して乗り切るチームだ。
一方の中日の選手は監督の顔色を伺いながらという気がする。現役時代の落合から180度転換だな。あれほどのわが道を行く選手もこうも変わるのか。不思議だ。ピンチで打ち込まれた時も、マリンズ西村監督は笑顔を見せる余裕に対してベンチで苦虫をつぶしたような表情。典型的な采配は第5戦の中田続投ではないか。調子の上がらぬ中田を9点取られるまで引っ張る理由がわからない。四球で試合壊したわけでもなし、負けを覚悟してもここまでさらし者にしなくても良いのでは?来シーズンの中田が心配だ。昨日の河原続投もようわからん。いい当たりを連発されていたのでネルソンを早めに投入してもよさそうだが。そんな状況になってしまうのも、風はもはやマリンズに向いていたのかもしれない。
最後に、毎年ナゴヤドームで呪縛にかかったように打てなくなる虎よ、マリンズのつめの垢をせんじて飲むのじゃ。交流戦以外であたらぬチームが対戦少なくても打ち崩すのか、ポイントはそこだろうな。来シーズンの虎も心配だ。

2010年9月 2日 (木)

虎よ、今年は燃え尽きろ

皆の者、大儀じゃ。長いことブログ冬眠しておったがペナントレースも佳境に入った昨今、このまま虎に驀進してもらおうエールを送るべし。周知のとうり今年の虎の打線はどっか壊れとると思案し候。
去年まであれだけ勝負どころで打てずにペナントを逃し続けた日々はなんだったんだろう。毎試合、胃が痛い日々が続いたもんじゃ。
それがたった1年でこれほどすさまじい打線に変貌するとは。。。
去年からの新加入は、マートンと城島、それにブラゼルも実質加えてよいだろう。この3人いずれも高打率で打点も多いのだが、つられて周りのヤツが狂ったように打つわ打つわ。
毎年三割候補にあげられこの時期はジリ貧の鳥谷、いまいち勝負弱い新井、器用そうで意外と何もできない平野、いずれも三割を越す打率でしかも勝負強い。今年一番振れてない兄貴金本もこのところ調子が上がってきて2割5分もマジか。引っ張りぎみが気になるがもともとプルヒッターなのでしかたないだろう。
世間ではダイナマイト打線復活ということらしい。でもあのオールドシリーズで着ていた真っ黒のユニホームだが(さすがにわしも生まれてない)、最初は審判がいっぱいいるのか思うた
このところのデータだけとっても球団最多得点、球団最多安打、球団月間最多安打。。。最多得点の翌日は打ち疲れで確か1点。。。激しすぎるこの起伏。。。
わしが一番驚いちょるのは打点の多い武将がやたらおることだ。
ベスト10内に5人入り、一番低いマートンでさえ77打点も稼いでいる。一時期3番だったのが効いているのか。これひとつとっても驚愕の数字だ。残り試合30試合弱だから、このまま打ちまくれば100打点に届きそうな選手が5人ということになる。超インフレスパイラルだ。
でも野球はうまくできてる。投壊現象、どうにかならんかのう。能見と岩田は何やっとるんじゃ。はよう戻ってこい。能見は二軍で登板後、もうすぐ戻ってくるらしい。吉報だ。

2010年4月 6日 (火)

フジよ、でかした

皆の者、大儀である。ようやく暖かくなった思いきや寒さが戻る、ようわからん気候じゃがプロ野球シーズン到来じゃな。今年はどんなドラマがあることやら。注目はブラウン投入で、早くもメルトダウン状態にある楽天か。監督が決まった時からいやな予感はしていた。ブラウンのやることは理解を超えて苦笑だ。監督として威厳がなさすぎる。昨日も解説のひとが言ってたが選手はエラーしても変えられないので緊張感がないんだろうと(ちまちまとチェックメモはとるんだろうけど)。ブラウンよ、頼むから途中でやめてくれ。まだ成長過程の将来あるチームなのだから。
さて愚痴はここまでとして。
JCOMで4月から放映しだしたフジテレビONEのプロ野球ニュース。実にすばらしい。アラフォーならわかるだろうが、佐々木 信也、みのもんたと続いた往年のスポーツ番組の踏襲だ。周知のとうり、野球一本にしぼっての放映がうれしいかぎり。放映時間は50分。当然各試合の解説には著名元選手が携わる。見た限り、ご意見番として土橋さんや関根さんが出演されていた。もうかなりの年齢でいらっしゃると思うが技術論こみのコメントもなかなかきれ味がある。斉藤明夫氏や高木豊氏も解説に入る。そして番組の最後に放映される復刻版の"今日のホームラン"、例の軽快な音にあわせ、今日試合で出たホームランが涙を誘う。悪いことはいわん、見とけ。
そういゃ、マスコット的役目のおねーちゃんだが、佐々木麻衣ちゃんというらしい。まさか、フジよ、信也さんにかけたなんて落ちは。。。孫だったりして。

2010年1月18日 (月)

小林よ、熱投をありがとう

皆の者、大儀である。惜しい人が逝ってしまったな。小林繁、巨人でエースを張り、あの江川との電撃トレードで阪神に移籍し、一躍注目の的となった名投手である。彼の投球姿はリアルタイムだ。30年ぐらい前ではないか。阪神移籍後の大活躍が印象に残っている。特に巨人戦は見るものまで引きずり込み、年8勝は神がかっている。真夏の暑い日にマウンドで汗をだらだらかきながら、歯をくいしばり、腕はちぎれんばかりの勢いで顔をしかめ、サイドスローで投げ終えた後、勢いあまって帽子を飛ばす。その姿は子供だったわしも訴えるものを感じた。ピッチャー受難の時代と言われ、投球フォームまでしばりがある昨今の球界では、肩の消耗の減る理想的なフォームを目指し、投球回数も暗黙で制限される。反面、ダイナミックさに欠けるのも事実であろう。トレードに出された背景も重なり、見るものにそこまでして投げなくてもいいだろう。。。という同情心が芽生え、悲壮感漂う投球という言葉がなにか軽々しく思えるほど、小林の投球はすごすぎた。ご冥福をお祈り致します。

2009年10月 5日 (月)

破竹のイーグルスCS決定

皆の者、大儀である。ついに決まったかという感じじゃ。よくぞここまで強くなったもんだ。失礼な記事を書いたこともあったが大儀であると言いたい。CS制度には気が進まんが、イーグルスのような弱小球団を応援しているとモチベーションが上がるのも事実だ。はっきり言って、後半調子があがり3位に浮上した時も、きっと反動がくるなとびびりながら実況放送を見る日々が続いていた。どうも攻撃の時に見ているとチャンスをつぶすパターンが多かったので攻撃の時は別のチャネル(特に西武戦)に変えてみるなど、すごいジンクスができちまった。それからピッチャーが四球で自滅しないようキャッチャーミットに目線を合わせて見るなどリアル一体型だ。おかげで一試合終わるとくたくただ。西武との正念場直接対決で1戦目を帆足にやられた時はこりゃ3連敗するなと負の作用に陥る。もう怖くて見れない。おかげで奇跡の勝ち越しだ。
やはり野村監督の手腕によるとこは大きいと思う。再生工場と言われるように山崎・岩隈・福盛を筆頭にやる気を起こさせ、永井・鉄平・草野あたりが成長したのは大きかった。わしが言うのもおこがましいが、野村さんのいいところは選手を差別しないでぼやくことにあると思う。若手に厳しいのはどの監督も同じだが中堅どこや外人には遠慮して言えないことが多い。しかし岩隈クラスでさえ好投しても完投しなきゃ苦言を呈し、ましてや田中など毎試合完投せぇとハッパをかけまくる。4番をはる山崎にさえ走塁の意識をうえさせようとする。ある試合で山崎が"4番が打席の時はランナーにうろちょろするな"と言ったと聞くと翌日は緊急ミーティングを開いたらしい。助っ人外国人にも例外なく非常に辛口である。ある意味、理想が高すぎるのでみんな平等ということか?Ca390679