2012年11月29日 (木)

マスコミいいかげんにしろ

皆のもの、大儀じゃ。
あまりに腹抱えて笑ってしまったネットの踏み絵。根はいいひとなんだろうけどなぁ。。。
皆のものは次の選挙はどこへ入れるんじゃ?
わしゃ、もう自民以外ない思うとる。
結局、前回の選挙もマスコミに踊らされた感がいがめない。しおしお殿が売国政党と言ってた意味が遅まきながら理解できたが時既に遅しか。
昨今、安陪さんがデフレ脱却政策を言えば、マスコミは超インフレ社会になると歌いだす。
毎度のネガキャン。
限度考えて様子見ながらやるんだろうがw。
なんでこう足を引っ張ろうとするんだろう。
今のまま何もしないで成り行きか?
維新も案の定、素人軍団を候補者にするありさま。
民主の二番煎じか。
しがらみがないと言ってるが、ぐちゃぐちゃにされそうで怖い。
デフレには公共投資。
結局これで建設業者だけでなく世の中に金が回ることになるんやないか?
無駄な箱物は作らず、震災のこともあるし、災害対策用の公共投資ならいいんでないかい?
くだらんワイドショーやお笑いやんないで、もう少しましな政策討論会毎日やれ!

4628595170

2012年10月18日 (木)

泣きのサックス

皆の者大儀。
皆の者も心に響いた名曲、思い出の曲などひとつぐらいあるのではないか?
先日わしの住んでいる府中でたまたまStreetLiveがあったんだが、なぜかぐっと心にしみて魔王といわれるわしも感動などしてみた。
演奏しているグループは、"Jaja"というらしい。
フュージョン系の曲でサックスの秋山さんがボスらしい。
フュージョンというと、大昔のなべさだや高中正義、それにケニージーぐらいしか知らんが。
サイトに書いてあるように、メジャーになってもStreetLiveをやるらしい。
その心がけ見上げたもんじゃ。
スケジュール調整など大変なことだと思うが、わしのように感動を受けるものも現れるかもしれんな。
わしは夜のLiveを見たんだが、それまで降っていた雨が時をあわせるように降り止み、演奏の開始となった。
やはりLiveだとスピーカから伝わる音の迫力が全然違う。
音を身体で受け止めるみたいな。
特に、"Friends"という曲が素晴らしく、ここ数年いろいろあったことを思い出しながら目頭が熱くなってきたのはきっと気のせいだろう。気づけば手が痛くなるほどの拍手。
買ったCDに、秋山さんのサインまでしてもらって感動の極みじゃ。
PS.
それにしても、秋山さん中々男前や。
どうもわしより先輩らしい。
紅白にでる時は、胸に府中のゼッケンをして出場するらしい。
2012101418230001

2011年6月16日 (木)

UFOに関する私的考察 その2

皆の者大儀じゃ。
さてUFO関係のサイトを見てたんだが予想どうり怪しげなものが多く、うんざり。
その中でとても初心者向けのわかりやすいサイトがあったので紹介しておこう。
UFO事件簿
歴史上有名なUFO報告(中には懐かしい響きが~)が整理されていて、最近のUFO報告もピックアップしてくれる。
見ていると飽きないぞい。
素晴らしい武将だ。
御本人も基本は懐疑的とあり、誤認パターンなどもわかりやすくまとめてある。
新宿のUFO大群は結婚式の風船だろうと、ばっさり!
わしもUFOに興味があると言っても、そのほとんどが見間違いやフェイクであると思うわけだが、前回書いたような開発兵器の見間違いという考えには一部同調されているようだ。
Ufo

これは中国で撮影されたUFOだが、もしフェイクでないとして、こんなものこんなもんが予告もなくマッハ速度で上空を飛び回っていたら、そら民間人はびびるわな。
航空機のことはわからんが、要はレーダーに発見されにくい形状設計だとか。
ただ、アメリカ空軍だとして中国やかの有名なベルギーのUFO事件にしても領域侵犯にならんのかのう?アメリカのやることもえぐいからのぅ。

2011年6月14日 (火)

UFOに関する私的考察

皆の者大儀じゃ。誰にもばれないうちに更新してみるか。ネタがないわけでもなかったが少しづつでも感覚を取り戻せるよう心を入れ替えよう。
 わしはCATVをよく見るわけだが昨今特に気になるものがある。超常現象もんで特にUFOネタが気になる。わし自身はUFOは見たことがないのだが皆の者はどうじゃ?
子供の頃、矢追純一がらみの話やかの有名なアダムスキー型UFOの写真を初めて見た時はほんとかや!と思ったもんだが(普通に考えて金星人がいたらそら大変だわな)、皆の者同様に全てやらせであることを理解し年を重ねてきたわけだ。
 ところがナチスUFO製造計画の特集を見てから考えが少し変わってきた。GRAYもどきエイリアンがいるとは到底思えないが実際円盤開発はやってたんだな。
歴史も含めて詳しい解説のサイトがあったので紹介しておこう。
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha777.html
またサイトの最後の方にわしが見たCATVの録画データ(part1~6)もあるのでぜひ見てほしいわい。
真実はどうであれ、この手ののりは非常にわくわくするぞい(笑)。字幕入り英語だからってのもいいのかな。
 ナチスドイツと言うと第二次世界大戦で数々の独創的兵器を製造していたのは周知の事実であり、わしが子供の頃よう作とった模型戦車ひとつ見てもその性能や造形美という点で他の国のそれをはるかに凌駕する。当時大陸間弾道ミサイルの先駆けとなるV1V2ロケットを飛ばした技術力を見てもそうだし、画期的兵器開発があってもおかしくはないわな。
戦後、旧ソ連やアメリカに多くの科学者を引き抜かれ宇宙開発に携わってきたのも事実だし、そのまま軍の極秘開発に携わっていたとしても違和感はない。当時の開発モノクロ写真や戦後の円盤開発実験の動画をまざまざ見た時にはちょっと怖くなってしまった。
ただ円盤型試作機「AV-9」は、なんかホバークラフトぽくって、所詮この程度の技術力しかないのかな。。。逆にこの程度の技術なら公表しても問題ないだろうということなのかな。
 結局プロジェクトは失敗打ち切りという公式見解があるわけだが、1950年代からかれこれ50年たった今、極秘プロジェクトが継続したとして、果たしてどの程度の技術革新があるのか。
非常に興味がそそるわい。
おまけ
新宿のUFOの大群らしいw
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=d7xz08ONn7g
このおばちゃんはなかなかいいキャラクターだ。

2011年1月26日 (水)

背筋も凍るアジアカップ

皆の者、大儀じゃ。昨日のアジアカップは味があったべし。
普段サッカーは見ないが日本代表となるとどうも見てしまうな。同点に追いついたゴールは、サッカーに詳しくないわしが見ても絵に描いたようにきれいだった。本田、長友とフェイントかけながらのパス回し、実にすばらしい。
本田がペナルティキックをはずした時は、まさか外しはせんだろうと画面から目を外していた。すると外しやがった
PK戦にもつれ込んだ時、韓国側のキックでもう一度画面から目を外すと、また外しやがった。日本側のキックでは画面に再び目を戻し、韓国側で目を外すと、外すわ外すわ。どうなっちょるんだ。
4/4回の再現性が高い現象じゃ。本田君よ、君もなにかもっとるだろうが、わしの外し念力にはかなうまい。ふふふ。決勝でもやってみようっと。

2010年7月15日 (木)

わしが見たいもの

皆の者、大儀である。暑いさ中、ミステリアスな気分になっとけ。懐疑派はどう思うか知らんが、ケーブルテレビを見ていると、DiscoveryやHistory ChanelでUFOやUFCの特集がたくさんでてくる。大槻教授のことが頭に浮かんだが、否定から入るのではなく、物的証拠から学者の検証結果を取り入れたり、実際に実験シュミレーションを行うなど具体的なアプローチがあるのがいい。学者といっても怪しいかもしれんが、必ずしも肯定はしていない。UFCというのは未確認飛行生物のことだ。昨日見た特集は通称"フライングヒューマノイド"。こんなものを信じろという方が無理があるが、それにしても不気味な物体だ。メキシコというとUFO飛来も数多く報告されるのだが、お国がらなのか?軍隊のパレード中にも多数のひとがUFOを目撃し、ビデオにもとられている。不思議な話だ。村上春樹の1Q84に出てくるリトルピープルのことを思い出し候。

2008年6月 9日 (月)

秋葉原事件に思うこと

日曜日悲惨な事件があったのはご存知であろう。白昼、多くのひとの見ている前で、ひとを殺め続ける。いったい彼の精神状態はどうなっているのだろうか。やれ、政治が悪い、社会がゆがんでいるで終わらせるのは簡単かもしれないが、実際数年前、米国で無差別殺人が起こった時、日本に住んでいて良かったと思ったものだ。が、時代は変わったのかもしれない。さまざまな要因が絡んで、事件が起こったとしても、根本は親子のコミュニケーション不足ではなかろうかと思う。期待され(この辺の事情はわからんが)成績も悪くないのに、なにかの事情で進学をあきらめたということが書いてあったが、プライドの塊のような人間関係だったのかもしれない。確かに勉学は大事だろうが、彼はそれを語る人間でないことに誰も異論はあるまい。わしも子供の頃は、親が家業で忙しく、どちらかと言うとコミュニケーションも少なかったかもしれない。が、子供なりになぜ仕事が忙しいのか説明もされ、そこそこ理解していたようである。そんな親でも、なにやってもいいが、ひと様に迷惑かけるなということは結構頻繁に言われたし、親にも結構殴られたし、学校でも先生に差別するなということは口をすっぱくして言わていたような気がする。そしてもうカビの生えた言葉かもしれないが、子供は親の背中を見て育ってゆくもんだろう。いつの時代も子供はやっぱり子供なのである。表面賢くはなっても人間的にはまだまだ未熟なのである。小さい時に、かわいいかわいいで終わらせるのでなく、人間として守るべきはしっかり教えるべきだろう。果たして、昨今の親はどうなのであろうか。うちの子は関係ない。しっかり勉強だけしてればいいという考えの親も現実に多数いるのではなかろうか?あえて言わなくともそんなバカはやらないだろうと思いたいのだろうが、泣けるテレビドラマを見てる裏で、ひとを殺すゲームをなにげにやる、ひとにぎりの学校だろうが裏サイトで陰湿なことをやっても、普段は何食わぬ顔で平然としていそうなイメージがある。わしの危惧だけであればよいが、ないとほんとに言い切れるだろうか?そういった環境なら、だんだん人格が変貌しないとは言えないのではないだろうか?携帯の問題にしても、母子家庭とか持たせたい気持ちもわかる。しかし多くの子供は親が思うほどは物事の限度ということを理解していないのではないだろうか?わしは子もないゆえ、所詮わからぬことだが、世の親にはもう少ししっかりしてほしいと思う今日この頃である。最後に亡くなった方のご冥福をお祈りします。

2008年5月15日 (木)

雨男

皆の者、大儀である。ひさしぶりじゃのう。携帯でとった写真をPCに転送するのに携帯付属のUSB機器を使っておったが、どうもGW明け後、調子が悪ぅなってしもうた。なのでブログをアップできんでおった。皆の者はGWはどこか出陣されたか?わしはプロ野球選手をまねて箱根の温泉で足腰のメンテをしておったところだ。これでまた理想のバッテイングができるはずだ。さてGW中、関東は前半は天気もよく一日だけ雨で次の日から晴れておったが、すばらしい引きの強さで雨の日に箱根出陣となる。戦さにトラブルはつきもんである。まぁ温泉目的だったので、露天風呂の雨もまた風流があってよかったと思うぞ。風呂に合計6回ほど入り、一泊して帰ってきたしだいである。一人でのんびり行くのもいいかもしれん。帰りに新宿-箱根湯本乗車のロマンスカーなるものに乗ったが見てのとうりカラフルである。時間帯にもよるが車内に売り子のおねーさんもいるようだ。なぜか哀愁ただよう雰囲気がある。今度は一緒にパチリ。。。といいだせる雰囲気ではなかった。

Ca390065_2 Ca390067_2 080503_10340001_2

2007年12月19日 (水)

究極のバッテイング理論2

ここしばらく寒かったので、バッテイングセンターに通ってなかったが、こんなことではいかんので、また通いだした。さすがにこの季節になると若僧もへりだしたな。時々、将来のイチローにでもしたいのか親子でくるひとがほほえましい。今日はいくつか気づいたことを報告しよう。よくプロ野球の解説者とか野球部の連中など、上からボールをたたくという表現をする。これはアッパースイングになると、高めは打てないことを意味するが、実践してみると高めはインパクトまでの角度をつけるのが非常に難しい。じゃが、度素人のわしでも、ごくごく、まれにいいライナーになることがある。そもそも、バッテイングセンターで高め低めなんて、あまりぶれちゃいかんのだが、あそこは機械の精度が悪いのか、結構上下にぶれる。高めの話題で、もうひとつ。プロ野球のピッチャーでツーストライクに追い込んだ時、よく高めに一球外したりするが、バッテイングセンターで高めの頭の高さぐらいのボール球がくると、もうスピードになれっきているわしでも、一瞬だが腰がひける。で次の一球で甘めの玉が来た時、微妙にタイミングがずれることが多い。つまりむやみに高めに外しているのでなく、目の残像を利用した戦略のひとつということですな。

2007年11月29日 (木)

みんなやったことある?

よくこのブログの関連LINKになぜか出てくる脳内メーカーhttp://muryop.com/br/q.php、やったことある?わしやったけど意味不明なんよw

より以前の記事一覧