« 猿でもわかる無線システム その2 | トップページ | 優良外人 その1 »

2012年5月17日 (木)

猿でもわかる無線システム その3

皆の者大儀。
3連投じゃ許せ。
さて、昨日の回路図で受信モジュールのピン数おかしくねぇ?と思った武将達よ。
するどい。
その1でお勧めしたモジュールなんだが、
・送信モジュール(315MHz)[RF315-9912] 販売価格: 350円 (税込)
・低電圧受信モジュール(315MHz)[RF315-9931A]  販売価格: 480円 (税込)
実は受信モジュールにこの子を使うと、たった1m離れると通信できないことがわかった。
本システム依頼主omo殿が、たまたま買っておいた違うタイプの受信モジュールでお試しになられたところ数十m離れて通信できると早馬報告があり。
その受信モジュールがこれだ
・受信モジュール(315MHz)[RF315-RXB12]  販売価格: 680円 (税込)
なお送信モジュールはRF315-9912をそのまま使ってみた。
やってみると。。。ほんとだわ
\200割り増しだがここは目をつぶって
見た目、コイルとクリスタルの違いがあるが、これが起因しておるのか。。。
皆のもの~!無線モジュールを買う時には選定に注意すべし!

さて、無線通信は315Mhz帯の微弱電流で行うわけだが、送受信ともアンテナつけないと距離はかせげない。
omo殿にレクチャーされたんだが、
1/4λ(ラムダー)という法則があるらしい。
以下計算式:
300 / Mhz = 波長 = λ
従って315 Mhz帯では、
300 / 315 = 0.9523(m)
1/4 λ = 0.9523 / 4 = 23.8cm
つまり24cmぐらいにしろということらしい。
モノポールアンテナというらしい。
いろいろ勉強になる。

Xbeeでいいんじゃねぇという武将達よ。
信頼性を高めるならそのとうりだが、まだ少し価格が高いな。
安いもので一個2000円前後、x2だからな。
それにこういう報告もあるから導入には気をつけるべし。

« 猿でもわかる無線システム その2 | トップページ | 優良外人 その1 »

コメント

おぉっ、久しぶりに覗いたら、背景がかわっとる。渋いっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猿でもわかる無線システム その3:

« 猿でもわかる無線システム その2 | トップページ | 優良外人 その1 »