« 二足歩行の恐怖 その2 | トップページ | 二足歩行の恐怖 兄弟仁義編 »

2012年2月13日 (月)

夢のまた夢

皆の者、大儀である
"奇妙丸!あれは猿ではない!ひとである!"
ついに解禁か、大河ドラマ秀吉
いやなに、ケーブルテレビの再放送の話じゃ
1996年に放送されたこの大河、かなりの上出来じゃ
まず、なんと言ってもキャスティングが素晴らしい
ざっと一話見ただけでも
竹中直人(秀吉)、信長(渡哲也)を筆頭にして、
明智光秀(村上弘明)、蜂須賀小六(大仁田厚)、秀長(高嶋政伸)、なか(市原悦子)、柴田勝家(中尾彬)、竹中半兵衛(古谷一行)などなど
一癖もふた癖もある豪華メンバーが史実で伝えられる人物イメージを壊していないのが良い(ここ数年の大河はよく理解できんw)
秀吉役の竹中直人は猿顔でどんぴしゃ
竹中直人といえば、映画あずみの加藤清正役も良かったわい
それになんと言っても渡哲也の信長は威厳があふれかえり、演出も素晴らしい
哲也さんはどすの効いた声なのでなおさら強烈だわい
わし的には哲也さんの信長が一番好きじゃな
冒頭の言葉、嫡男の奇妙丸が猿こと秀吉とじゃれているとこに突如現れ、息子を蹴飛ばして一言はっするw
謀反を謀る弟をしものにかけ、母から鬼じゃと言われても顔色変えず冷静沈着
ケーブルテレビ見れる武将は一見の価値あり候

« 二足歩行の恐怖 その2 | トップページ | 二足歩行の恐怖 兄弟仁義編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢のまた夢:

« 二足歩行の恐怖 その2 | トップページ | 二足歩行の恐怖 兄弟仁義編 »