« 恐るべし店発見 | トップページ | 缶ビールの中の缶ビール »

2011年9月22日 (木)

久々の液晶物語

皆の者、大儀。
ちょっとエアコン物語から外れるが、秋葉に行った時にGLCDを買ったのでこれで遊んでみたわい。
秋月には128x64dotのGLCDがたくさんあるが、気をつけるべき点はピンピッチが2.54mmと2mmがある。
ブレッドボードやユニバーサル基盤では2.54mmの方が使いやすい。
参考にしたサイトはここのPIC、簡易オシロV2(LCD:128×64)。
簡単なアナログ波形が見えてなかなか面白い。
ただサンプリングしているわけでなく、リアルタイムにアナログデータを読んですぐ表示するだけ。
数msぐらいなら十分捕らえられるか。
マイコン出力のパルス波形を入力すると、HIGH←→LOWの切り替わりで線がちぎれるw
まぁ問題なく動作したが、せっかくのGLCDなので絵でもだしたくなるのが人情。
MikroCのGLCDライブラリを使うとDemoLimitになるので、自分でプログラムコードを作ってみる。
MikroCを使っている武将は、プログラムサイズ2Kwordの境界で頭を抱える。
128x64dotつまり1024byteコード領域を使用するわけだから、表示画像も1画面分しか入らない。
いいかげん正規版を買えってかw
まぁFree版MicroChip純正のC言語Builderを使えばよろしがな。
確かMplab C30?
しばらくやってないと忘れる
使い方は。。。
忘れたw
このGLCDとマイコンの接続だが、例のaitendoさんで見つけた10芯ケーブルが100円やと!
それと文字をbitmap化する簡単な方法を発見
1.windows ソフトのメモ帳などで文字を書く、フォントサイズを調整する
2.画面をハードコピー(Alt+PrtScreen)
3.windows ソフトのペイントに貼り付け
4.キャンパスの色とサイズ変更、幅128、高さ64、ピクセル、そして白黒設定
5.できあがったファイルをここに書いてあるグラフィック画面変換ツールでtxt化する
6.できあがったファイルをプログラムコード上に貼り付ける
Ts3s0110 Pap_0007 Ts3s0112

« 恐るべし店発見 | トップページ | 缶ビールの中の缶ビール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の液晶物語:

« 恐るべし店発見 | トップページ | 缶ビールの中の缶ビール »