« UFOに関する私的考察 その2 | トップページ | 暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その2 »

2011年7月30日 (土)

暗闇に一筋の希望 VerUp計画

皆の者、大儀。久々の開発ねたじゃ心して聞け。
すでに改造検討から1年以上経ってる気もするがw。
以前作った装置だが便利は便利だが重大な欠陥がある。
焦電センサーの出力電圧をオペアンプで増幅し、マイコンのAD変換基準電圧は全回路共通の電源である乾電池の4.5Vとしておる。
そうすっと使い続けるうちに電圧は低下してゆき、同じ電源でLEDを点灯することから、さらに電池の消耗は早くなる。つまり基準電圧はどんどん低下していくがソフトで判断するAD変換値の閾値は変わらないわけで、感度判断がだんだん甘くなっていくわな。そうすっとまた点灯を行い電池消耗してまた悪循環というわけだ。わっはは。
こういった場合、通常は基準電圧をもっと低めの3Vなどにしておけば良いわけだ。でもそれだといまいちおもしろくないのでひと工夫考えてみた。
漫画を見てほしい。今、青のセンサー部と光源部は同じ電源で乾電池だが(そもそも玄関側にコンセントはないわけでして)、光源部だけ回路から分離して、赤の箇所に移動してコンセントから電気を頂くようにする。
青部はセンサーを実装した送信部で、赤部は光源を実装した受信側となるわけだ。さらにワイヤレス通信として手ごろな赤外線通信を採用する。
部屋の置の方からドア側に向かって光が拡散され、靴箱付近だけでなく全体的に周りが明るくなるのでより視界がひらけるメリットもある。
なお、送信側のおっさん(正確には布袋様)の目の点灯は従来仕様どうり、デモ用に残すこととする。
それと従来版は単4X3だったが単1X3にしてみた。これでさらに送信側の電源はもつだろう。
単1電池用の電池ボックスなんてもってないので、100円ショップで見つけた手ごろなサイズのケースに発泡スチロールをカットして隙間をうまく埋めてみた。ケース上右端の白いものがそれだ。

さて今回は送信側の回路を説明しよう。
そんなすごいもんでもないが。。。
LEDの代わりに赤外線LEDをつけただけ。ただ電流制限抵抗調整用に可変抵抗にしてみた。一般の家庭リモコンにも赤外線LEDがついているが、この電流制限抵抗はなんでも数オームとか。38Khzのパルス駆動だからたくさん流しても壊れやせんのだろう。
実際抵抗値を2,3オームにしてみて、3Mぐらいの通信は可能になった。
ソフト「PRJ6_2.C」をダウンロード は、クロック4Mhzで38Khzつまり13usの時間を作るのはきついかなと思ったので、割り込みなど使わず自分でPORTをたたくようにしたが、for文では余分なコードができるらしくgoto文で最適化してみた。
他にやる仕事もないのでこれで十分じゃろ。

Photo Untitled 

Ts3s0067_4

« UFOに関する私的考察 その2 | トップページ | 暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇に一筋の希望 VerUp計画:

« UFOに関する私的考察 その2 | トップページ | 暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その2 »