« 暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その2 | トップページ | 暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その4 »

2011年7月31日 (日)

暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その3

皆の者、大儀。
またまた連荘記事だが行ってみようか。
受信側の続編だわ。
前回の方法で、+極とGND極を取り出したので回路図1で駆動してみたがどうも直接続時に比べて気持ち暗い。
やはり電圧降下分はどうしようもないな。
ここでしばらくほったらかし日々。
ある時、南蛮の宣教師が珍品としてリレーを献上してくれた。
かの国では、ワイン同様ように量産されているとか。
そう言えば、わしゃリレーは一度も使ったことなかったわい。
リレーというと制御系から別電源の負荷を駆動するので、消費ロスはないやろ。
しかし、わしゃ、制御系と負荷を同じ電源で駆動したい。
コンセントから電源いただくにしてもACアダプタふたつも用意したくないわいw
ACアダプタはHardOffの中古品で7V出力のやつが手元にあったので、2ウェイライトの接点に接続したところ問題なく明るく点灯するようだ。
で、考えてみた回路図が3になるわけだ。
この回路、リレーをONした瞬間にどうもマイコンがリセットされるようだ。
大電流が流れた瞬間の電圧降下で、CPUの低電圧リセット機能が動作しているのだろうか?
制御系と負荷の電源を別電源とした場合、問題なくON/OFFできてるのでそういうことになるんだろうな。
近くの重臣に尋ねるも知らんらしい。

Untitled
Ts3s00592

« 暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その2 | トップページ | 暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その3:

« 暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その2 | トップページ | 暗闇に一筋の希望 VerUp計画 その4 »