« フジよ、でかした | トップページ | 時の流れは早けど進捗はなし »

2010年5月19日 (水)

怪獣大決戦

皆の者、大儀である。とある武将の店にプラモデルが飾ってあるので、これをDISPLAYする照明装置を作ってみた。光源はフルカラーLED、部分的に光を当てるスポットライト的なものを考えてみた。単に光らすだけだと芸がない。そこで光らすトリガーを家電リモコンの赤外線としてみた。リモコンボタンのスイッチ(たぶんどれでもいい)を押せば、2つのLEDが交互に7色の光を順に出し、それを繰り返す。もう一度、リモコンボタンのスイッチを押せば消灯というわけだ。スポットライトというからにはそれっぽい外形にしたい。ダイソーで見つけた100円のポイントライトLEDを分解して改造してみる。中の白色LEDをフルカラーLEDに変え配線引き回し。以前赤外線をやったのである程度はわかっており特に難しいところはない。ただソフト的に赤外線データのリードパルス部(データの前の制御信号)のみ切り替え判断とし、データ部は読み飛ばす。データ部の解析はないのでスイッチはどれでもいいというわけだ。家にあった各社のリモコンでは全て良好であった。回路もどうということもない。電源は単3 X 3。
とりあえず、スターになってもらったのは松井秀とセブンの子分。セブン子分ことウインダムだが、子供のころどこかメカっぽいとこがなんか好きだったなぁ。松井秀の腹が緑に光ると放射能出しそうだ。でも背中だったような気もするw。ちなみに後ろに見えるM/Bはセラノ岬の戦いで散った勇士だw。アーメン。「PRJ7.C」をダウンロード

Ca390834_6 Ca390841 Ca390839_2 Prj7_2_3  

« フジよ、でかした | トップページ | 時の流れは早けど進捗はなし »

コメント

すばらしいっ!

かたじけない
次はもっと実用的になるぞい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪獣大決戦:

« フジよ、でかした | トップページ | 時の流れは早けど進捗はなし »