« 怪獣大決戦 | トップページ | 液晶よ、おまえは何を狂ってるのだ? »

2010年5月24日 (月)

時の流れは早けど進捗はなし

皆の者、大儀である。今後の開発測定用にAD値をPC上に出力したい。まずはPCとPICを232Cでつなぎ、通信テストを行ってみる。部品は定番のADMのレベコン。と、ここでレベルコンバータ用のプリント基板が以前トラ技の付録基盤(2008年1月号)におまけでついていたのを思い出す。メス型DSUBを基盤に固定するのでありがたい。PCの方だがExcel VBAを使って、PCからPICへ周期的にデータを送るテストをしてみる。周期データとして手ごろといえば、PCの時間データだろう。そこで232C通信の簡易時計を作成しようというわけだ。本来USBで電源と時間データを獲った方がかっこよさそうだが。誰でも考えそうだが、日付もとれるし以外にいいかも。 当然PCの時間が狂ったら同期して狂うことになる。

Ca390844Ca390845

« 怪獣大決戦 | トップページ | 液晶よ、おまえは何を狂ってるのだ? »

コメント

ほ~。
今まで、気がつかなかったが、ソフト開発だけでなく、ハード開発もやってくれ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れは早けど進捗はなし:

« 怪獣大決戦 | トップページ | 液晶よ、おまえは何を狂ってるのだ? »