« セラノ岬の戦い その2 | トップページ | 未来のコンピューターはどこまで進化するか その4 »

2010年1月25日 (月)

セラノ岬の戦い その3(終結編?)

皆の者、大儀である。さてPCの癌細胞ごとき懐妊デンコンだが、取り出した絵を乗せておこう。なんて偉そうなことを書いてしまったが、例の高貴な武将が取り外しから交換までメンテマンのようにやってくれたので、わしは見てるだけで問題解決。さる武将はデンコンのストックがあるらしい。只者ではないな。実はさる武将は会社に居たりして。交換後のデンコンの絵も載せておく。多少容量が大きくなっとるらしい。さっそく家で組み立て直し、電源を入れると。。。CMOS ERROR 表示。やっちまったかw。気を取り直し、無視してDEFAULT設定すると、WINDOWSまで立ち上がり候。デンコンよ、働いておるな、大儀じゃ。当然、BIOS設定が初期化されたので時間など調整し直したが、エラーが少し気になるな。まぁ次の起動からは表示されないので良しとするべし。 あと、なんだな、デンコン付近の島を見てみるとIEE1394がいたがこのポート使ってないんだけど。。。この島のデンコン不良で電源不安定動作をまねくもんかのぅ。とりあえず、これで1日見てる限り直ったように見えるが、様子見だな。To Be Continued. かどうかはわからんぞい。 Ca390773Ca390774

« セラノ岬の戦い その2 | トップページ | 未来のコンピューターはどこまで進化するか その4 »

コメント

電解コンデンサの交換で治ったのなら、もうけものでござる。6層基板に実装されたリード線型の電解コンデンサをはずしたテクニックには脱帽だ。

ほほー直りましたか
直らなかったら一式買い直しさせようと思っていたのにw
コンデンサ交換は私も以前やろうとしたけど道具そろえるのが意外とお金かかりそうで挫折した事があったりつД`)
でもまあ電源の寿命もそろそろかもしれんですぞ

買いなおしだと再インストールがたえられんw
デンコンだけでも故障検知できる仕組みがあればいいんだがな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セラノ岬の戦い その3(終結編?):

« セラノ岬の戦い その2 | トップページ | 未来のコンピューターはどこまで進化するか その4 »