« セラノ岬の戦い | トップページ | セラノ岬の戦い その3(終結編?) »

2010年1月23日 (土)

セラノ岬の戦い その2

皆の者、大儀である。さてPC暴走におけるその後の反乱軍の対応だ。朝一の冷え切った状態で顕著に現れるということを考えても電源回りのチェックは避けて通れないべし。しかし電源UINITはまだ買ってから1年半も経っていないし、感電したくないし除外してみる。そうすっと禁断のM/Bになるな。実はわしの知り合いの武将が以前M/Bの電解コンデンサを取り替えていたのを思い出し候。今回ここに着目だ。ぐぐってみるとこういうことらしい。そこで、かったるいが、PCをばらしM/Bを取り出してみた。よ~く見てゆくと、むむむ。。。怪しいのが一匹いる。写真中央の左のデンコンと右側のデンコンを比べれば、一目瞭然。左のデンコンは盛り上がっておるな。他のデンコンも見てみたが、これほどのふくらみは見当たらない。ちまたでは懐妊されたというらしいがw。To Be Continued.Ca390771 Ca390770

« セラノ岬の戦い | トップページ | セラノ岬の戦い その3(終結編?) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セラノ岬の戦い その2:

« セラノ岬の戦い | トップページ | セラノ岬の戦い その3(終結編?) »