« 暮れの歳暮はこれじゃ | トップページ | 未来のコンピューターはどこまで進化するか その3 »

2009年11月 4日 (水)

記憶にございません進化型

皆の者、大儀である。久々の電子工作ネタである。心して聞け。例のぶつの改造に取り掛かるべし。キーボードモニターの改造はその後でやる(たぶん)。日ごろの利用頻度が高い自作品だが、買い物に行った時にあやしいヤツだと思われぬように、本体側を小型化しておこう。まずは借り組み(半田付けはまだじゃ)の絵を見てもらおうか。写真のケースはイレブンで売ってたクリップケースじゃ。このケース横のふたをとってあげて、はみ出した基盤部分にボタンSW、PS I/Fコネクタ部、電源SW、DCジャックを配置してあげる。また前回コメントしたようにデータ量が多くなってしまったので、今回外付けのEEPをつけようと思う。プログラムは既存処理にEEPアクセスの実績のあるコードを実装するので問題はないだろう。そして小型化に大きなネックとなっていた電池だが、伴天連どもに教えてもらったこれを使うことにする。既にこの電池で動作は確認済みじゃ。ただ、どのくらいもつかは。。。知らん!まぁその時に勘考致すわい。Ca390710

« 暮れの歳暮はこれじゃ | トップページ | 未来のコンピューターはどこまで進化するか その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記憶にございません進化型:

« 暮れの歳暮はこれじゃ | トップページ | 未来のコンピューターはどこまで進化するか その3 »