« 記憶にございません進化型 | トップページ | すばらしき仲間 »

2009年11月11日 (水)

未来のコンピューターはどこまで進化するか その3

皆の者、大儀である。例の海外ドラマ「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」SEASON2だが、サマー・グロー演ずるキャメロンはメカになりきっとるな。あれだけ長いストーリで常に表情を変えないことはもちろん、瞼も絶対閉じないなど、人間らしい動きをしないよう心がけたとか。そんな中時々見せるシュールなキャメロン像がまたおもしろい。逃亡先の家の傾きが気になるらしくデータをセンサーで採取し、"そんなもん調べて俺を守る役にたつのか"とジョンに突っ込まれたり、敵のターミネータに追われてジョンが危ない時、助けに行く途中でロボットダンスを演じる人間に興味を示し一瞬任務を忘れてしまうなどなど。ここに一部動画があったので一見の価値候。しかしデモとは言え、こんなものを作るとは恐れ入り候。

« 記憶にございません進化型 | トップページ | すばらしき仲間 »

コメント

動画で一瞬あったけど、無表情さに笑ってしまいました。無表情の演技っていうのもかなりつらいと思う。

昨日も見たのだが、急に人物関係が複雑になってきて頭がパニクリ候。
http://www.assassin.jp/sarah-connor-chronicles/20081002134409.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来のコンピューターはどこまで進化するか その3:

« 記憶にございません進化型 | トップページ | すばらしき仲間 »