« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

暮れの歳暮はこれじゃ

皆の者、大儀である。今日はわしの好物を報告致す。わしに面会する時はこれを持って参れ。宝華ラーメン製の油そばじゃ。よく見よ、この美味なる姿を。ここ半年ばかり週一ペースじゃ。実は食に鈍感なわしも、こと麺に関して好き嫌いがでるのだが、この油そばはたまらんち。宝華ラーメンには、Normalバージョンの他、おろし・キムチ・チャーシュー・カレーバージョンがあるが、やはり、おろしが一番うまい。これに酢とラー油を若干くわえると、さらに絶品じゃ。ちょっと思ったが、油そばのカップ麺バージョンはあるのじゃろうか?書いてるうちに、また食いたくなってきたぞ。 Ca390696Ca390695

2009年10月22日 (木)

未来のコンピューターはどこまで進化するか その2

皆の者、大儀である。いよいよ始まったか。SEASON1の終わり方がえらい中途半端と思ってたらそういうことか。ジョンが自分を守るため、未来から送りこんだターミネーター、キャメロンだが爆破の衝撃でCHIPの一部分が破損し、ジョンを抹殺対象にしてしまう。今まで自分を守ってくれていたが最強の敵に変わるわけだ。しかしジョンは自分が信念を持って送り込んだキャメロンを信じ、周りの反対を押し切ってキャメロンの再起動を試みる。まずキャメロン自身の頭の中に組み込まれた取り外し式のCHIPを取り外さなければならない。しかも再起動時間はたった2分間。おびき出して感電させ、電気障害の合間にTRYするが間に合わずに逃げ出す。どうにかこうにか(この辺はCHIPを細工したのかよくわからないが)うまくいったが、キャメロンに微妙な感情データ?が生まれる。顔の表情などあいかわらず無愛想だが、信仰はプログラムされていないのにキリストの復活を信じたり、ジョンに対して愛情もどき感情が生まれてくる。
もう少しメカニック系やプログラムの話を入れてほしいが、今後の展開が楽しみじゃ。

2009年10月15日 (木)

新たなるキーボード伝説

皆の者、大儀である。新しい企画を立ち上げることにする。わしは自慢じゃないがキーボードのブラインドタッチができない。どっちかというと考えながら打つのであまり覚える気もない。でもキーボードとディスプレイの目の移動は疲れる。なにか良い解決策はないか。ブラインドタッチできる武将には戯言であろうな。電子メモ帳作成で復活したキーボードをよく見ると、左右に通信コネクタがついておる。元々の仕様がわかってないがなぜだろう?この左右のコネクタが結線されておれば、もしやPCと通信しながらマイコン基盤と通信できるのじゃろうか。それが可能ならキーボードの手元に簡易LCDを置いてやって入力文字を出力してあげれば、目の移動負担が減るのではないか。特に日本語変換では変換前の入力ミスが多い。従ってあらかじめ手元のLCDで確認しながら打ってディスプレイで変換候補を選ぶみたいな使い方だ。ネットで見ても、こんな馬鹿やるのはわしだけのようだ。
とりあえず、結線を調べたところ、つながっておるようじゃ。しかもキーボードの入力電源は5Vでマイコン基盤にそのまま入力できる。キーボードのコネクタだが、ある武将が譲ってくれたPS2用のオスコネクタを使ってみる。さる武将は千石で入手されたようだ。以前作ったメモ帳基盤で実験してみた絵をだしておこう。で、配線後、PCを立ち上げてみるとBIOS部分で画面が止まる。。。キーボードの入力も効かず。やっちまったか。マイコン基盤の5V入力とGND配線だけとって立ち上げ 直し、キーボードが壊れていないか確認。壊れていないので、こりずにWINDOWSが立ち上がっているタイミングで5V入力とGND配線をつけてあげ、Editorから文字を打ってあげると。。。
うまくいきやがった
で、思ったこと。PCは立ち上げ時、キーボードにNumLockとかのコマンドを送るから、その通信に対する処理がマイコン側にないのでお互いデッドロックしているとか?ということはWINDOWS立ち上がり後、手動SWで電源を入れるか、あるいはUSBから電源をもらってくれば良いのだろうか?いずれにしてもPCを壊せんようにせにゃならん。それから、初めて知ったのだが、PCの電源をOFFしてもキーボードへの5V入力は入るようだ。そん なんだっけ? Ca390689

Ca390692 Ca390694Ca390690Ca390691

2009年10月12日 (月)

夢幻の城

皆の者、大儀である。又右衛門、そちの苦労大儀であった。え?なんのことかって?たわけめ。信長の言葉は短いのじゃ、理解致せ。何を隠そう見てきた"火天の城"。なかなか良かったわい。椎名桔平演じる信長だがなかなかいい。怒鳴り声がすばらしい。映画を見ていた全員が恐れ入って頭を上げられず(たぶん)。
天下統一を目前にしたわしは琵琶湖のほとりに当時の常識をくつがえす城の建造を命じた。この物語は城普請の頭領に拝命された岡部又右衛門なる実在人物の苦労の日々を描いたものじゃ。安土城は焼失したため現存しない。しかし当時キリスト教布教のため来日していた宣教師フロイスの記録などにも残っておる。その異様さは天守ひとつ見ても、赤く八角形の上層部分を持っていたことでもわかる。これには異説もあるようだが、美的感覚が優れ西洋文化に興味を示すわしならやりかねない。後にも先にもこんな奇抜な城はないのだから。惜しむべきはわずか数年で焼失したことであるが、その原因もはっきりしていないのでよりミステリアスな城としての印象が強い。本能寺の変後、光秀の部下であった明智秀満なる人物が安土城を一度占領し城を放棄する前に焼いたという記録がある。また信長の息子信雄が凡愚であったため突発的に焼いたという記録がある。前者は当時の戦略としてわかるにしても、なぜ息子が焼く必要があるのか理解できないとこだ。この城を使いこなせるのは我が父のみと悟ったのか、織田家をのっとろうとする秀吉の顔色をうかがったのか、ぬれぎぬなのか。ラストシーンで城に篝火をつけまくるのだがまさに夢幻の城となったわけだ。Ca390688

2009年10月 5日 (月)

破竹のイーグルスCS決定

皆の者、大儀である。ついに決まったかという感じじゃ。よくぞここまで強くなったもんだ。失礼な記事を書いたこともあったが大儀であると言いたい。CS制度には気が進まんが、イーグルスのような弱小球団を応援しているとモチベーションが上がるのも事実だ。はっきり言って、後半調子があがり3位に浮上した時も、きっと反動がくるなとびびりながら実況放送を見る日々が続いていた。どうも攻撃の時に見ているとチャンスをつぶすパターンが多かったので攻撃の時は別のチャネル(特に西武戦)に変えてみるなど、すごいジンクスができちまった。それからピッチャーが四球で自滅しないようキャッチャーミットに目線を合わせて見るなどリアル一体型だ。おかげで一試合終わるとくたくただ。西武との正念場直接対決で1戦目を帆足にやられた時はこりゃ3連敗するなと負の作用に陥る。もう怖くて見れない。おかげで奇跡の勝ち越しだ。
やはり野村監督の手腕によるとこは大きいと思う。再生工場と言われるように山崎・岩隈・福盛を筆頭にやる気を起こさせ、永井・鉄平・草野あたりが成長したのは大きかった。わしが言うのもおこがましいが、野村さんのいいところは選手を差別しないでぼやくことにあると思う。若手に厳しいのはどの監督も同じだが中堅どこや外人には遠慮して言えないことが多い。しかし岩隈クラスでさえ好投しても完投しなきゃ苦言を呈し、ましてや田中など毎試合完投せぇとハッパをかけまくる。4番をはる山崎にさえ走塁の意識をうえさせようとする。ある試合で山崎が"4番が打席の時はランナーにうろちょろするな"と言ったと聞くと翌日は緊急ミーティングを開いたらしい。助っ人外国人にも例外なく非常に辛口である。ある意味、理想が高すぎるのでみんな平等ということか?Ca390679

2009年10月 2日 (金)

インテリジェンシーキーボード

皆の者、大儀である。世の中にはすごいキーボードがあるもんだわ。OS起動時間が2秒ってすごすぎる。必要最低限のHW診断と最適化されたドライバが動くのか?近習よ、買っとけ。実は次の陰謀として画期的な?キーボードを考えておる。実験がある程度進んだら発表しようぞ。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »