« インテリジェンシーキーボード | トップページ | 夢幻の城 »

2009年10月 5日 (月)

破竹のイーグルスCS決定

皆の者、大儀である。ついに決まったかという感じじゃ。よくぞここまで強くなったもんだ。失礼な記事を書いたこともあったが大儀であると言いたい。CS制度には気が進まんが、イーグルスのような弱小球団を応援しているとモチベーションが上がるのも事実だ。はっきり言って、後半調子があがり3位に浮上した時も、きっと反動がくるなとびびりながら実況放送を見る日々が続いていた。どうも攻撃の時に見ているとチャンスをつぶすパターンが多かったので攻撃の時は別のチャネル(特に西武戦)に変えてみるなど、すごいジンクスができちまった。それからピッチャーが四球で自滅しないようキャッチャーミットに目線を合わせて見るなどリアル一体型だ。おかげで一試合終わるとくたくただ。西武との正念場直接対決で1戦目を帆足にやられた時はこりゃ3連敗するなと負の作用に陥る。もう怖くて見れない。おかげで奇跡の勝ち越しだ。
やはり野村監督の手腕によるとこは大きいと思う。再生工場と言われるように山崎・岩隈・福盛を筆頭にやる気を起こさせ、永井・鉄平・草野あたりが成長したのは大きかった。わしが言うのもおこがましいが、野村さんのいいところは選手を差別しないでぼやくことにあると思う。若手に厳しいのはどの監督も同じだが中堅どこや外人には遠慮して言えないことが多い。しかし岩隈クラスでさえ好投しても完投しなきゃ苦言を呈し、ましてや田中など毎試合完投せぇとハッパをかけまくる。4番をはる山崎にさえ走塁の意識をうえさせようとする。ある試合で山崎が"4番が打席の時はランナーにうろちょろするな"と言ったと聞くと翌日は緊急ミーティングを開いたらしい。助っ人外国人にも例外なく非常に辛口である。ある意味、理想が高すぎるのでみんな平等ということか?Ca390679

« インテリジェンシーキーボード | トップページ | 夢幻の城 »

コメント

一試合見たら、くたくたになるというのは、よくわかる。
阪神戦を神宮や千葉マリンに見に行った時には、そんな感じでした。

ついつい力が入りますな
神宮?マリン?
屋外派?
しおしお殿、次はしおしおスコープで野球評論を頼みまする

昔、仕事が終わった後、球場に見に行っていたのです。
千葉マリンは、休みの日だけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 破竹のイーグルスCS決定:

« インテリジェンシーキーボード | トップページ | 夢幻の城 »