« 暗闇に一筋の希望 | トップページ | 暗闇に一筋の希望 第3話 »

2009年8月25日 (火)

暗闇に一筋の希望 第2話

皆の者、大儀である。この間の記事の続報である。焦電赤外線センサーを使い、人体検知でLEDを点灯させる回路を組んでみた。使ったPICは12F675、今回初めて使うシロモンじゃ。使うピン数が少ないのが選んだ理由だ。それにサイズが小さいのでコンパクトにできるメリットがある。また言うまでもないことだがAD変換機能が必要だ。今後も寵愛する機会はあろう。プログラムも基本的にPORT名が違うだけでさしたる悩みはない。早速動作させたところ、わしが息を潜めてじっとしておるのにいつもLEDが点灯しておるわい。さては乱心しおったか!というかコンピュータは正直もんじゃから、またわしの乱心かと思われる。気を取り直していろいろ達人のアドバイスや調査をした結果、どうも電源投入直後のセンサー安定時間を考慮し、電圧増減幅をチューニングすることで、どうにか期待どうりになったわい。まずは祝杯じゃ。わしの調査結果も報告しておこう。なにかの足しにいたせ。なに?役立たない?まぁそう言うな。
・電源を入れてからしばらくたつとアンプの出力が3.5V前後で安定。
・安定状態の時、センサーの近辺20~30cmに手をかざすと1V前後まで落ちる。
・以前のプログラムでアンプからの出力の増減幅が100mv前後になった時に検知と見なしていたが、これだといつも反応する。少なくともわしの家では。。。
・そこで増減幅をいろいろ調整しながら実験していくと結果的に500mvぐらいで、いい感じになってきた。
・ただ室内(蛍光灯の下)では手をかざさなくてもなぜか時たま反応し、暗い場所におくと絶好調である。Ca390650

« 暗闇に一筋の希望 | トップページ | 暗闇に一筋の希望 第3話 »

コメント

いい感じですな。この調子で、もっと複雑なものをお願いします。

とりあえず、周りが暗くなってる時だけ検知させる機能は追加しますが、他になんかアイデアあったら教えてくだされ、殿
家に入ると自動でエアコンSWが入れるのを考えたのですが、そうすると家から出て行く時もSWが入るので、なにか良い方法がないかと。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇に一筋の希望 第2話:

« 暗闇に一筋の希望 | トップページ | 暗闇に一筋の希望 第3話 »