« そちの目は節穴じゃ! | トップページ | それでも続く記憶にございませんシリーズ »

2009年6月 8日 (月)

記憶にございませんオマケ

皆の者、大儀である。さて一度収束した記憶にございませんシリーズだが、あたらな展開があったので報告致す。作った当初はおちゃらけでやってみたが、実際に使ってみると以外に使いやすいことに気づく。携帯のメモ帳でまかなえという諫言も多々あるが、もう少しソート機能など充実させればなかなか使えるしろもんになろうかと。ではさらに使いやすくするにはどうすればよいか。より小型化を目指してみる。まず、キーボード入力からテンキー入力に変更してみる。このテンキー装置、以前秋葉でなんと\100で投売りされていたもので、工作ねたとして買っておいたが、ここで登場に至る。PS2 I/Fで、回路変更なしに前回作ったものにそのままつなげられる。テンキーは見てのとうり、キーが少ない。この数でカタカナを表現するにはどうすればよいか。ふと手元を見ると携帯電話がある。まさに灯台もとくらし。こいつの文字変換方法をまねてプログラム化すればよいと気づく。 プログラムはこれじゃ。「MemoWrtTK.asm」をダウンロード いずれ本体自体の小型化にも着手致そう。Ca390366 最初からそうせぇちゅうにw。

« そちの目は節穴じゃ! | トップページ | それでも続く記憶にございませんシリーズ »

コメント

ちょっと休んでいる間に、記事が増えている。おいおい読ませてもらぞ。

しおしお殿、まずは一献
そろそろ、わしんとこもアップせんとまずいなw
その前にだれか見てるか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記憶にございませんオマケ:

« そちの目は節穴じゃ! | トップページ | それでも続く記憶にございませんシリーズ »