« 記憶にございません第7話 | トップページ | 不惑の兄貴、スイッチが壊れるの巻き »

2009年3月24日 (火)

おめでとう侍ジャパン

皆の者、大儀である。いやぁ~、ここ一週間あたり疲れたわぃ。プロ野球好きとしてはこの熱戦を見逃すわけにはいかんな。前回優勝時も感動したが今回もさらに輪をかけて感動じゃ。スモールベースボールだかなんだか知らんが銘々され、メジャーを目指す選手が続出する昨今だが、日本の野球のおもしろいところは何をやってくるかわからんとこだな。力でねじ伏せる豪快なバッティングだけではえてして一流ピッチャーは打ちくずせんもんだ。戦前予想で破壊力抜群のドミニカは早々と破れ、ベネズエラは守乱でくずれ、試合巧者の日本・韓国が残る展開になったな。今日の決勝戦も手に汗握る展開となる。まずは岩隈君。楽天移籍後、怪我に泣かされ地獄を見た男。野村監督からガラスのエースと酷評された彼が、昨年の復活を期に今大会でも大車輪じゃな。やはりこういう男はプレッシャーに強いわい。低めを丹念につく安定度は松坂より上ではないか。野球のおもしろみのひとつに流れがある。スポーツ系は流れが大事だが、野球の場合、顕著に現れる気がする。チャンスをつぶせばピンチになり、ピンチをしのげばなぜかチャンスがやってくる。この試合1点先行で、のどから手がでるほどほしい追加点のチャンスをつぶした直後、岩隈が一発をあび同点にされる。悪い流れだったが、内川がレフト前ヒットをなかばギャンブルっぽい?捕球で二塁で走者を刺したのはまさにプロ中の技と言えるだろう。このプレーは大きかった。相手に行きかけた流れを一度切った攻撃で片岡がヒットを打つと躊躇せず盗塁。これもなかなかできるもんじゃない。畳みかけるように決まったイチローの芸術的なセーフティバントもお見事。こういう多彩な攻撃は日本チームだからできるもんじゃ。それにしても韓国もほんとに強かった。9回裏ツーアウトから同点にされ、ほんとにがっくりときたが、今回不調で苦労し続けたイチローが決勝打とは漫画のような展開だな。センター前の会心のあたりを打った瞬間、解説の清原がヨッシャ~!と怒号?しておったわい。野球の神様とはほんとにいるのかもしれんな。原監督もお疲れさまでした。ごゆっくりと言いたいところですが、これからペナントレースとは。。。プロ野球選手とは大変な仕事だわい。球団は臨時ボーナスを出すべきだろう。Ca390302 Ca390303

« 記憶にございません第7話 | トップページ | 不惑の兄貴、スイッチが壊れるの巻き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう侍ジャパン:

« 記憶にございません第7話 | トップページ | 不惑の兄貴、スイッチが壊れるの巻き »