« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月24日 (火)

おめでとう侍ジャパン

皆の者、大儀である。いやぁ~、ここ一週間あたり疲れたわぃ。プロ野球好きとしてはこの熱戦を見逃すわけにはいかんな。前回優勝時も感動したが今回もさらに輪をかけて感動じゃ。スモールベースボールだかなんだか知らんが銘々され、メジャーを目指す選手が続出する昨今だが、日本の野球のおもしろいところは何をやってくるかわからんとこだな。力でねじ伏せる豪快なバッティングだけではえてして一流ピッチャーは打ちくずせんもんだ。戦前予想で破壊力抜群のドミニカは早々と破れ、ベネズエラは守乱でくずれ、試合巧者の日本・韓国が残る展開になったな。今日の決勝戦も手に汗握る展開となる。まずは岩隈君。楽天移籍後、怪我に泣かされ地獄を見た男。野村監督からガラスのエースと酷評された彼が、昨年の復活を期に今大会でも大車輪じゃな。やはりこういう男はプレッシャーに強いわい。低めを丹念につく安定度は松坂より上ではないか。野球のおもしろみのひとつに流れがある。スポーツ系は流れが大事だが、野球の場合、顕著に現れる気がする。チャンスをつぶせばピンチになり、ピンチをしのげばなぜかチャンスがやってくる。この試合1点先行で、のどから手がでるほどほしい追加点のチャンスをつぶした直後、岩隈が一発をあび同点にされる。悪い流れだったが、内川がレフト前ヒットをなかばギャンブルっぽい?捕球で二塁で走者を刺したのはまさにプロ中の技と言えるだろう。このプレーは大きかった。相手に行きかけた流れを一度切った攻撃で片岡がヒットを打つと躊躇せず盗塁。これもなかなかできるもんじゃない。畳みかけるように決まったイチローの芸術的なセーフティバントもお見事。こういう多彩な攻撃は日本チームだからできるもんじゃ。それにしても韓国もほんとに強かった。9回裏ツーアウトから同点にされ、ほんとにがっくりときたが、今回不調で苦労し続けたイチローが決勝打とは漫画のような展開だな。センター前の会心のあたりを打った瞬間、解説の清原がヨッシャ~!と怒号?しておったわい。野球の神様とはほんとにいるのかもしれんな。原監督もお疲れさまでした。ごゆっくりと言いたいところですが、これからペナントレースとは。。。プロ野球選手とは大変な仕事だわい。球団は臨時ボーナスを出すべきだろう。Ca390302 Ca390303

2009年3月10日 (火)

記憶にございません第7話

皆の者、大儀である。かれこれ二月もたったゆうにまだやっておるわいw。一応LCDへの半田付け不良を見つけ、どうにか表示まではできし候。とても肩こり候。基盤にLCDオスコネクタの半田付けをした後で配線回ししたため、非常に半田付けが難しくなってしまったな。気をつけないと線がちぎれそうである。こういうケースでてっとりばやくきれいに半田付けする方法、巷の武将達はどうやるのかのぅ。ポリウレタン銅線を使うことも考えたが、結局同じになる気がする。さて、ここでお約束のあらたな問題が発生~。CRボタン電池駆動で動かしてみると、2分ぐらい経過してLCDのバックライトがだんだん薄くなってゆき、文字が見えなくなってしまうようじゃ。稼働時間がウルトラマンより少ないとは、なんというおちじゃ。CR電池の内部抵抗がだんだん大きくなるということか?ほとぼりがさめて再駆動すると最初は明るいがやはり暗くなってゆく。しかもPS2の先につけるキーボードはまだ駆動させてないわけだから、実際はもっと消費電流が多くなると勘考致す。そこで対策だが、電源を006P電池で行くしかないようじゃな。これでいったいどのくらいもつことやら。。。とほほ。 Ca390297 Ca390298_2

2009年3月 3日 (火)

記憶にございません第6話

皆の者、大儀である。またまた報告が遅れ申し訳なき候。例の計画だがアセンブラ化はもう一息じゃw。先に基盤作成の方から進めておるわい。100金にちょうどよさげなクリップケースがあったのでこれを筐体と致すことにした。ちょうど開閉部分もあるしな。LCDの配線をする際、メスコネクタを基盤とLCDの間にかますと高さが高くなりケース内に収まりきれない。そこでLCDに半田済みのオスコネクタにじかに半田付けしてみた。以前LCDのVddとVssを逆付けしてLCDを壊してしまったので慎重に半田付けしたんだが、バックライトが点くだけで文字がでないぞ。プログラムは実績のあるものだから、半田付けミスだろう。現象としてはLCDのイニシャライズで上段に黒ドットマスがでるが、なにかがんばろうとした後で下段に黒ドットマスがでるようだ。LCDも困り果てておるのじゃろうか。またやっちまったかなとびくびくしながら調査してみる。実験用で使っていた別のLCDにICクリップ経由で配線したところ、やはり黒ドットマスがでるだけで文字がでない。ということはLCDは壊してないのだろうか。Ca390289 Ca390288 Ca390290

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »