« 記憶にございません第5話 | トップページ | 記憶にございません第7話 »

2009年3月 3日 (火)

記憶にございません第6話

皆の者、大儀である。またまた報告が遅れ申し訳なき候。例の計画だがアセンブラ化はもう一息じゃw。先に基盤作成の方から進めておるわい。100金にちょうどよさげなクリップケースがあったのでこれを筐体と致すことにした。ちょうど開閉部分もあるしな。LCDの配線をする際、メスコネクタを基盤とLCDの間にかますと高さが高くなりケース内に収まりきれない。そこでLCDに半田済みのオスコネクタにじかに半田付けしてみた。以前LCDのVddとVssを逆付けしてLCDを壊してしまったので慎重に半田付けしたんだが、バックライトが点くだけで文字がでないぞ。プログラムは実績のあるものだから、半田付けミスだろう。現象としてはLCDのイニシャライズで上段に黒ドットマスがでるが、なにかがんばろうとした後で下段に黒ドットマスがでるようだ。LCDも困り果てておるのじゃろうか。またやっちまったかなとびくびくしながら調査してみる。実験用で使っていた別のLCDにICクリップ経由で配線したところ、やはり黒ドットマスがでるだけで文字がでない。ということはLCDは壊してないのだろうか。Ca390289 Ca390288 Ca390290

« 記憶にございません第5話 | トップページ | 記憶にございません第7話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記憶にございません第6話:

« 記憶にございません第5話 | トップページ | 記憶にございません第7話 »