« こっちの音はなったな | トップページ | どうも光物に弱い »

2008年11月10日 (月)

きらりと光るナベQ采配

皆の者、大儀である。久しぶりのコメントだ。週末は日本シリーズをテレビで観戦。楽天・阪神好きだが、基本的にプロ野球好きなのでまぁ問題ない。それにしても今シリーズのナベQこと渡辺監督の采配には恐れ入った。とても初監督とは思えない勝負勘のよさ、大胆すぎる采配はすばらしい。所詮結果論の世界だろうが、この采配で負けてもファンとしては納得いくのではないか。第5戦で2勝3敗と王手をかけられた以降の選手起用が見るべきものがあった。第6戦で先発させた帆足が四回ランナー残してピンチを作ると、前回の登板で巨人打線を完封した岸を中2日で早々と投入し、9回まで引っ張る。ちなみに岸はまだ2年目でクライマックスでは調子がでず、驚くべきことにリリーフ経験は初らしい。しかし起用された岸はナベQの思わくどうりに、低めのチェンジアップで巨人のバッターを手玉にとっていく。そして第7戦までもつれ込む。先発は西口。実は西口は東京ドームとの相性が最悪で(相性と言うよりマウンドの高いところがだめと言うことを昔聞いたが)、ナベQとしても立ち上がりの2、3点ぐらいまでは実は計算したのではないか。DH制なしで投手はバッタボックスに入らなければならぬ。2点ビハインドで二番手石井好投、ランナーなしで即ピンチヒッター。三番手涌井好投、ランナーありで即ピンチヒッター。プロ野球の監督で一番難しい言われる投手起用。こういう起用はなかなかできるもんじゃない。しかし、そのピンチヒッターが一発を放ち、上げ潮ムード到来。攻撃の方も、一回にチャンスをつぶした足の速い選手を、もう一度走らせ、好機で一点もぎとってしまった。ついに同点。しかし、同点のまま、延長戦にもつれ込めば、ホームである巨人が断然有利である。同点であきらかに気落ちし、ストライクが入らなくなったピッチャーを原監督は続投させ、今シリーズ絶好調の打者に勝ち越し打を打たれることになる。チーム事情はあるだろうがナベQとは対照的な采配だったな。アジアシリーズは、怪我人未出場が多いので、かなり厳しい戦いになるだろうが、ナベQマジックがまた出るようだと、WBCの監督も。。。

« こっちの音はなったな | トップページ | どうも光物に弱い »

コメント

西武鉄道が嫌いなので、巨人を応援していたが、その応援が、巨人の敗戦を生んだのかもしれない

どうも最近おでこあたりから薄くなってきて、妙にナベQに親近感を覚えるw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きらりと光るナベQ采配:

« こっちの音はなったな | トップページ | どうも光物に弱い »