« 泣きが入りし候 | トップページ | 秋の夜長のストール »

2008年9月 5日 (金)

天下布武近し

皆の者、大儀である。おまちかねキッチンタイマー障害調査報告を致そう。試行錯誤じたばたお家騒動の末、さる天才武将のアドバイスにより通信反応が悪い件はかなり改善され候。現状の動作はこれだ。画面手前赤外リモコンのSWに対応した桁の数字が加算されていく様子がわかり候。さる天才武将のピンポイントアドバイスとは今までmain処理内でLED出力処理をやっておったのを、割り込み処理内に移動した。数字パターン編集処理はmainで行い、106μs周期でLED桁変更およびmainで作った各桁の8ビットパターンを出力するわけだ。こうすることで、赤外受信ピンのアクセスとほぼ同期がとれ、ちらつきも改善されるという秀吉型ロジックだ。それから4to16デコードIC74154の特性や、74154の切り替えをトランジスタをかまして出力ピン1つでやる方法など教えて頂いた。この場を借りて、さる武将には厚くお礼申し上げ候。しかし、2mぐらい離すと相変わらず反応しない。そこで手元にあった別の受光素子に交換したところ反応性があがった!さる武将にお伺いの早馬を立てたところ、内密の文を頂き候。

信長殿
送信機のチューニング方法の秘伝
赤外LEDに直列につながりし候抵抗値を大きくしてわざと発光強度を弱め候。
ギリギリ受光できる程度の距離に設定し候。
送信側プログラムを修正したまいて最適な駆動周波数、ON/OFFデューティを見つけ候。
これを入念にやらねばかなり到達距離を伸ばす事ができ申し候。

ありがたや!

« 泣きが入りし候 | トップページ | 秋の夜長のストール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天下布武近し:

« 泣きが入りし候 | トップページ | 秋の夜長のストール »