« 心地いいマウス | トップページ | 天下布武近し »

2008年8月25日 (月)

泣きが入りし候

皆の者、大儀である。その後のキッチンタイマーの赤外線受信テストだが完璧に暗礁に乗り上げたようだw。状況を説明致そうぞ。
送信機からのSW押下で8x8ドットマトリックスの表示内容を変えようとすると、
1.距離を離して操作すると、まったく表示内容が変わらない。
2.距離を近くして操作すると、あるタイミングで送信した時に突発的に表示内容が変わりだし、その状態になったら送信間隔(SW押下間隔)を1秒ぐらい空けるように心がけると表示内容が調子よく切り替わってゆく。しかしながら、ある時点で1.と同じく表示が切り替わらなくなる。
見た目の推測:
SW押下で表示内容が切り替わらない時、表示が一瞬ばたついていることから、106μsタイマー割り込み処理は動作しているように見受けられる。
また同じHW構成で、該当1ビットのLEDのみ1つ点灯するというテストプログラムであると、遠距離でも問題なく反応する。よってHWは無罪だと思われる。
考察:
ダイナミック点灯の処理と受信処理で同期がとれないタイミングがあるのではないかと思い性能検証する。まず現状で4桁の数字(横32ドット)をダイナミック点灯しているのを、1桁(横8ドット分)のみダイナミック点灯するよう変更し、全体的に処理を軽くしたが現象変わらず。概要フローは「tmp.xls」をダウンロード をごらんくだされ。次にMPLABシュミレータで時間計測。数字パターン未変更時の1周期分処理時間は82μs。数字パターン変更時の1周期分処理時間は650μs。数字パターン変更時はBCD変換処理を行う(ソースはマイクロチップ提供もの)が、500μsぐらいかかっていることに、ややビビる。しかし根本問題とはつながらないように思う。。。
次の不安は、ダイナミック点灯処理で、桁情報を切り替えるため、PICのPORTAピンにライトするが(RA0~RA3→4to16デコードIC)、PORTAのRA5ピンは赤外線INPUTピンとして使用しておる(CPU設定)。つまりダイナミック点灯時のある瞬間にRA5ピンにLOWデータを出力してしまうが、割り込み処理とのすれ違いで入力ピンとしての誤検知はないであろうか?
困った。さっぱりわからんw。誰か、このかゆいところに手が届かぬような気持ちをすっきりさせてくれんか?もし、すっきりさせてくれたら天下を譲ります(by右大臣信長)

« 心地いいマウス | トップページ | 天下布武近し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泣きが入りし候:

« 心地いいマウス | トップページ | 天下布武近し »