« 雨降れど地かたまらず | トップページ | ほんとにあったこわい話 »

2008年7月 1日 (火)

ありがとう受光素子よ

皆の者、大儀である。さて実験中の赤外線送受信だが、ついに成功致したので報告いたそう。これだ。左側に赤外線送信モジュール、右側に受信モジュールがいる。送信モジュールの各SWを押下すると、そのSWに対応した受信モジュールのLEDが点灯する構成だ。実験基盤の状態、送信データの波形もおまけにつけておこうぞ。送信時のデータフォーマットは以前紹介した武将のやり方をぱくらせてもらった。非常に参考になった。この場をとうして御礼申し上げたい。真ん中の絵でbit2の表現が長くなっているが、これがデータ1に相当し、他のbitの長さは0になる。ここまで到達するのに長かった。C言語で作ったのがケチのつけはじめか?処理は問題ないと思うのだが、割り込み処理のオーバーヘッドが大きかったのかもしれんな。なんせマイクロオーダーのタイマー周期だからな。どうも期待どうりの送信波形を作ることができんかった。というか例の武将はアセンブラで書いていらっしゃるので、それを今回使った16F628A用のIOポート対応にすればよいだけだったのだが。後、ロジアナのオシロ機能が復活したのでこれも助かった。何はともあれ、キッチンタイマーの入力機構として使えそうだ。次の課題だが、リモコン送信機はできるだけコンパクトサイズにしたい。基盤サイズが外形80mmx60mm。これにあうケースを100金で探したらあったあった。見てのとうり中身はいらないが。それから電源だが同じく100金で見つけたCRコイン電池。コイン電池は初めて使うが3V出力なのでマイコンもどうにか動くはずじゃ。つまり重量も軽くしてしまおうというわけだ。家にあるリモコンどもに比べると大きさ軽さの点では文句なしだな。問題は容量であろうか。トランジスタ技術6月号に電池の特集があり、これを読んでみると、CR2032電池は220mAhとある。で16F628Aの電気的特性を見るとマイコンはアイドル時5mA消費、ということは何もしないでも44時間しか連続稼動できないのか?これが正しいならスタンバイモードにする必要があるようだ。これだと220mA÷2μAで110000時間≒4583日。。。ほんとか?もっとも赤外線LED点灯時は10mAが3個で30mA→50%Dutyで15mAぐらい消費。一日に使う時間を1分で待機電流が限りなく0に近いとして、220÷15X60で880日で2年ぐらいはもつのか?以上、めちゃめちゃな計算でござったwCa390122_2 Ca390123_2   Ca390124_5

« 雨降れど地かたまらず | トップページ | ほんとにあったこわい話 »

コメント

動画、感動したっ!
すばらしい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう受光素子よ:

« 雨降れど地かたまらず | トップページ | ほんとにあったこわい話 »