« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月25日 (水)

雨降れど地かたまらず

皆の者、大儀である。久しぶりの投稿、許されよ。ここ一月、赤外線通信に挑戦しておるが、どうも思わしくない。現状までの経緯を説明致そう。まず通信フォーマットを考えると、数字0~9、桁変更、タイマースタート/ストップ、メッセージ音停止などに相当する入力情報を送信したいことから8bitでデータを表現させる。しかし、キッチンタイマーはダイナミック点灯で各桁のパターンを点灯させている問題がある。つまり点灯処理中であっても、最適な赤外線データ受信および解析をせねばならぬ。で、いろいろググってみると、かしこい武将がおるようだ。この"Project 4 赤外線で通信してみる(データ受信)"の方法であれば、メイン処理で点灯処理を行っている時でも、タイマー割り込み処理での時分割解読が可能である。真に大儀であるの一言だ。送信処理もこの武将と同じ方法でタイマーを使って38KHzのキャリアを作成する方法にする。以前はアセンブラでプログラムを書いていたが、最近使い出したmicrocというコンパイラ(左の写真じゃ)で、C言語で送信処理を作ってみた。ソースはこれだ「IRout.c」をダウンロード。 しかしまったく受光素子は反応しないようだ。。。以前の単体テストでは反応しているのでキャリア周波数の誤りであろう。このmicrocはPCでのシュミレータ機能も実装されているが、どうもタイマー割り込み(というか割り込みは全てか?)はサポートしていないようである。PICマイコン製造元microchip社のMPLABはアセンブラ開発だが、こちらのシュミレータ機能は、タイマー割り込みもシュミレーションできる。うぅぅ、プログラム開発はC言語でやるのが楽だが、意外な落とし穴じゃ。誤動作要因として、まず気づいたことだが、参考にしたプログラムはPICのクロックとして外部20Mを使用しておるが、わしは16F628Aの内部4Mを使っておった。タイマーに入力されるのは1/4倍であるから、1count分は1μsとなる。このスペックで38Khzの約半分13μs周期タイマーを実現するには無理があるのだろう。そこで手元にあったクリスタル(20Mhz)を使い外部クロックに変更してみたが、まだだめだ。ここでしばらく手詰まりに陥る。こんな時以前のようにロジアナがまともに動いてくれたならと日々思いつつ、プローブを弄り回していると。。。あれ。。。なんか直ったような(笑)。。。その日はなんだか得したような微妙な気分に陥いる。暫く使ってないうちに忘れかけた設定を思い出しながら、プログラムでパルスを作ってみると見事な波形だ。また調子悪くなるかもしれんから記念に一枚。 心うきうきで、送信機の波形を見てみると、やはりパルスはでているが倍の26μs周期となっておる。設定タイマー値はあっているのになんでじゃろと思うが、実はこのクリスタル使用時は外部にコンデンサをつける必要があるが部品がないのでつけていない(笑)。なのでこの動作に文句は言えない。そういえばセラロックも持ってたが、こちらは外部コンデンサは内蔵されているようで必要ないと最近知る。初めからこっち使えちゅうに。以上、徒然なるままに調査報告致した。今後の課題をまとめると、

1. 外部クロックとして、クリスタルをセラロックに変更。当然、波形も確認。

2. 1でだめなら、プログラムソースをアセンブラに変更、PC上で割り込み処理をデバッグしてみる。 

443c96952c6e7Ca390095Ca390094

2008年6月10日 (火)

時には風流に

皆の者、大儀である。さて休日に高幡不動の紫陽花祭りに参ったので、しばし御鑑賞あれ。このイベント6月いっぱいはやっておる。皆の者も、良ければ出陣されよ。ちなみに秋にはもみじ祭りという、とても華麗な催しもやっておる。四季の移り変わりを堪能するのは、武将の心得である。じゃが冬はにがてじゃw

200606171516000 200606171520000 080608_17130001 080608_17070001 080608_16410001 080608_17060001

2008年6月 9日 (月)

秋葉原事件に思うこと

日曜日悲惨な事件があったのはご存知であろう。白昼、多くのひとの見ている前で、ひとを殺め続ける。いったい彼の精神状態はどうなっているのだろうか。やれ、政治が悪い、社会がゆがんでいるで終わらせるのは簡単かもしれないが、実際数年前、米国で無差別殺人が起こった時、日本に住んでいて良かったと思ったものだ。が、時代は変わったのかもしれない。さまざまな要因が絡んで、事件が起こったとしても、根本は親子のコミュニケーション不足ではなかろうかと思う。期待され(この辺の事情はわからんが)成績も悪くないのに、なにかの事情で進学をあきらめたということが書いてあったが、プライドの塊のような人間関係だったのかもしれない。確かに勉学は大事だろうが、彼はそれを語る人間でないことに誰も異論はあるまい。わしも子供の頃は、親が家業で忙しく、どちらかと言うとコミュニケーションも少なかったかもしれない。が、子供なりになぜ仕事が忙しいのか説明もされ、そこそこ理解していたようである。そんな親でも、なにやってもいいが、ひと様に迷惑かけるなということは結構頻繁に言われたし、親にも結構殴られたし、学校でも先生に差別するなということは口をすっぱくして言わていたような気がする。そしてもうカビの生えた言葉かもしれないが、子供は親の背中を見て育ってゆくもんだろう。いつの時代も子供はやっぱり子供なのである。表面賢くはなっても人間的にはまだまだ未熟なのである。小さい時に、かわいいかわいいで終わらせるのでなく、人間として守るべきはしっかり教えるべきだろう。果たして、昨今の親はどうなのであろうか。うちの子は関係ない。しっかり勉強だけしてればいいという考えの親も現実に多数いるのではなかろうか?あえて言わなくともそんなバカはやらないだろうと思いたいのだろうが、泣けるテレビドラマを見てる裏で、ひとを殺すゲームをなにげにやる、ひとにぎりの学校だろうが裏サイトで陰湿なことをやっても、普段は何食わぬ顔で平然としていそうなイメージがある。わしの危惧だけであればよいが、ないとほんとに言い切れるだろうか?そういった環境なら、だんだん人格が変貌しないとは言えないのではないだろうか?携帯の問題にしても、母子家庭とか持たせたい気持ちもわかる。しかし多くの子供は親が思うほどは物事の限度ということを理解していないのではないだろうか?わしは子もないゆえ、所詮わからぬことだが、世の親にはもう少ししっかりしてほしいと思う今日この頃である。最後に亡くなった方のご冥福をお祈りします。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »