« 次の野望 | トップページ | 受光素子のミステリー »

2008年5月19日 (月)

かなりピンチのウルトラマン

皆の者、大儀である。信長のオリジナルキッチンタイマーだが、ようやくここに至る。なにやら急がしげなウルトラマンであるが、彼のノーマル状態はやはり緑のLED点滅がスマートであると思われる。設定時間3分前から赤点滅に変わるとか、案はいろいろあるのだが、ひとつ問題がある。PICのピン数が足りぬのだ。回路図を見てもらうとわかるが、RA4とRA5のピンが現状空きなので、ここをウルトラマンの目用LEDに割り振りたいのだが、前回説明した赤外線入力ピンおよび時刻到達時の音源出力(これについては次回詳細を報告いたす)として使いたいから使用できんのだ。そこで赤外線入力とLED出力は機能仕様上排他関係にしてよいので、回路上は入力・出力ピンを両方兼ねてマイコンからの命令で入出力設定処理を切り替えるようにするしかなさそうだ。確か電光掲示板を作った時、やはりピン数が足りなくなり、同じ処置をしたが最初うまく切り替えができないで苦しんだ思い出がある。ピンを一度HIGHかLOWか忘れたがアクティブにする命令を入れたらなぜかわからんがうまくいった。プログラムソースは残っておるが今回はうまくいくじゃろうか。しおしお殿、以前の焼きそばよりはましだと思いますが許してたもれ。080519_00170001 Prj4

« 次の野望 | トップページ | 受光素子のミステリー »

コメント

いやいや、今回はこれで十分でしょう。たいしたもんでござる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かなりピンチのウルトラマン:

« 次の野望 | トップページ | 受光素子のミステリー »