« 今日の料理 | トップページ | 雨男 »

2008年4月23日 (水)

乾電池の謎

皆の者、大儀である。モータ駆動電源のおちだが、結局東芝のモータ制御ICは内部的に電圧降下が発生するので、乾電池2本ではどうあがいても高速回転は無理だと最近判明。そこで006P電池で9V電源にして電圧降下させてあげればどうなのかと思案をしておったが、そもそも電圧が高い=高電流は成り立たないようだ。006Pの内部構造は小容量の乾電池1.5Vが6本直列接続されておるようだ。最大出力電流はいいものでも500mAで、到底モータを回せるほどの電流は流せないとわかった。よって乾電池3本で駆動させねばならぬ。スペースの関係から単4電池3本はどうかと思っておる。ところで皆の者は普段乾電池をどこで買っておる?わしは100金のアルカリ4本100円コースだが、同じ金額で数種類あるのを知っておるか?性能にそんな違いなどないだろうと思っておったが、最近こんなページを発見。なにやらこちらもすごいおちだが迷った時の参考になる。。。かもな!

« 今日の料理 | トップページ | 雨男 »

コメント

結局は、内部抵抗の問題なんじゃないかな?と思う。
ところで、電池って市販の値段に比べたら、実際はめちゃめちゃ安い。アルカリ単三って1本10円なんだよ。値段聞いた時、びっくりした。これでも、メーカーからすれば利益がでてるから原価は3円もしないのかなぁ?

なぬ。。。
そんなに原価は安いのですか
実は100本セットなんかあったら安く売ってたりして

理屈上はありえる。でも、個人でもそれ認めたら、メーカーの利潤のほとんどがなくなるかもしれない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乾電池の謎:

« 今日の料理 | トップページ | 雨男 »