« やっとこさw | トップページ | さぁてここからが勝負 »

2008年3月24日 (月)

謎の電源端子たち

さる武将との極秘計画だが、秋葉で買ってきたモータ制御ICをさっそく使ってやってみた。このICで簡単に制御できると思っておったがICの構成を理解していなかったので苦労したぞいw。今までの工作は、電源は単一電源(5V ACアダプタ)で全てまかなっておったが、今回のICドライバはモータ駆動用にあらたに別電源を追加する前提があるようだ。考えてみれば、IC内部にトランジスタがいるので当たり前だが、最初はIC駆動用Vccとモータ駆動用Vsを、同じ5V電源(当然マイコンも)からもらうというとんでもないことをやっておった。そのため、電源投入直後に正転動作や逆転動作はできたが、ブレーキモード(つまりモータに電流が流れない)や正転←→逆転の切り替え動作の時、5V側の電流が流れ続けモータを停止することができんかったのだろう。ブレーキモードではOUT1/OUT2の両端にかかる電圧は期待どうり0Vであったからな。ところで疑問点があるのだが、この電源記号であるVcc・VsあるいはVddの使い分けはどのようになるのであろうか?また、データシート10頁目にサンプル回路があるが、参照電圧Vref(4PIN)は、おおもとのモータ駆動電圧をチューニングするためと思うのだが、例えば3Vで動作するモータの場合、モータ駆動電圧としてVs=Vref=3Vにすることはできるのじゃろうか。できるとすると応用回路のような抵抗による分圧は必要ないのじゃなかろうか。かしこいかた教えてくだされ。

« やっとこさw | トップページ | さぁてここからが勝負 »

コメント

Vrefは、内部のトランジスタを駆動するための電圧ですな。
Vs=Vref=3Vは可能と思います。
ただ、データーシートにもあるように、抵抗を3kΩつないでくれと書いてあるので、つないでやればいいのでしょうな。内部はFETで構成されていそうなので、3kΩをつないでも問題ないのかもしれん。
Vsは、モーターに印加される電圧。
Vrefは、モーターを駆動するトランジスタのベースかゲートに印加する電圧。
Vccは、内部ロジックに電圧ということでしょうな。

しおしお殿、毎度かたじけなし
出陣オツでしたな
実際の回路では、VS=4.5、R2=3K、もう一個の分圧用Rを5Kぐらいにしたところ、OUT1-2間の電圧は3Vになり申した。実際はOUT1-2間にモータをつなぐのですが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎の電源端子たち:

« やっとこさw | トップページ | さぁてここからが勝負 »