« 本能寺の変真相その4 | トップページ | サーボよ、おまえは何考えている? »

2008年2月21日 (木)

本能寺の変真相その5

前回の続きといってみよう。三職推任時期の一年ほど前から、信長は朝廷にプレッシャーをかけてきた経緯がある。京都で馬揃えという今で言う軍隊パレードを実施したわけだが、公式には天皇からの要望でパレードが開かれることになったとある。そしてその席で天皇が左大臣の勅使をたてている。つまり軍事的圧力によって官位を得たという見方ができるわけだ。信長も官位を得るため、老獪な天皇相手に結構苦労してるようだ。
本能寺の変後、光秀が秀吉と戦い、やぶれさった時、光秀の家臣のひとりが秀吉方につかまり、ひき回しにあった時の様子が、例の疑惑の日記に書いてあるが、ここで信長討ちの談合があったことをずばり明言しておる。これは変前に談合に加わっていたか、あるいは知っていたかのどちらかになる。
さらに疑惑を語る上でもっとも重要な物件がある。公家衆と親交のあった吉田兼和(かねみ)なる戦国時代に生きた実在人物が日記をやはり書いておる。この"兼見卿記"と言われる書も第一級資料である。この人物かなり筆まめで、当時の公家にかぎらず庶民の暮らしを知る上で重要な資料なのだが、変が発生する年の正月から光秀が秀吉にやぶれる時期について、なぜか不自然に正本、別本の2種を残したり、変というもっとも重要な日を挟んでなぜか空白なのである。これを皆の者はどう解釈する?
そしてもうひとり、三職推任によって職を失う近衛前久(このえさきひさ)なる人物がいる。前回ブログに信長がきれた公家がいると書いたが、実はこの人物なのだ。ただ職を失っても時の権力者には逆らえないだろうという説も根強いようだ。
最後にもうひとり、里村紹巴(さとむらじょうは)なる人物がおるが、戦国時代はやった連歌(れんが、歌の一種)の先生であった。光秀は教養もかなりあり、茶はもちろん連歌にも興味を示し、実際にこの人物と交流がある。で、変を起こす一日前に光秀は、この人物を呼んで、歌会が始まるわけだが、ここで光秀の句を紹介しよう。
"時は今天が下しる五月かな"
少し歴史に興味ある人なら一度は聞いたことがあるこの句。"時は今"という響きがなんとも決意の表れととれるだろう。そしてこの席に、変前に情報が漏れて信長に逃げられてはまずいというこの席で、わざわざ表明する必要があるだろうか?この句も本能寺の変をよりミステリアスにしておる原因であろうな。
結論として、もし黒幕説が真実だとすれば、今までに述べた人物たちが共同して信長討ちを計画したというせんが非常に高いかもしれぬな。

« 本能寺の変真相その4 | トップページ | サーボよ、おまえは何考えている? »

コメント

ほっほぉ~。
なんだか複雑に絡み合っているでござる。
結局は、信長をみんなは恐れていたということでござるか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本能寺の変真相その5:

« 本能寺の変真相その4 | トップページ | サーボよ、おまえは何考えている? »