« あれから数ヶ月。。。 | トップページ | 究極のバッテイング理論2 »

2007年12月19日 (水)

時は金なり

2007_1219_133 年末の忙しい中、わしのブログなど見て頂き、かたじけなき候。PCビジュアル計画も終わり、次の計画を考えていたところ、ちょうど100金で買ったキッチタイマーが壊れたので、手作り版を設計したいと思うとる。そこは自作の醍醐味、ただ残り時間など表示させても、おもしろくないので、前に買ったウルトラマンマウスを使って、こやつの点灯制御でもしてやろう。このウルトラマン、オリジナルはLEDがついてなかったのだが、USBマウスなのでそっから電源いただいて、LEDをつけるよう改造した。ほんとはマウスをクリックした時、色変えたかったが、もともと押しづらいのもあり、普段使ってないので、やる気がでなかったのだな。こやつに追加でドットマトリックスに秒と分の数字を出してやる。7SEGでも十分なのだが、アートマンでおもしろいデジタル時計を発見したので、これをぱくる。1秒おきの数字が変化する経過を縦スクロールで出力して、動いてるなぁゆうイメージをかもしだしてみたい。8x8のドットに数字1つ分サイズを出すのだから、1/8秒単位で表示の切り替えが入ることになる。回路的には前に作ったメッセージボードと同じでいいだろう。あとはケース(たぶんまた100金でGETだろうが)で、もう少し見栄えをよくしたいなぁ思うとる。それから時間の精度だが、前はPICの内部クロックを使ったので、外部セラロック(20M)をつけることを検討しておる。

« あれから数ヶ月。。。 | トップページ | 究極のバッテイング理論2 »

コメント

セラロックって、精度がよくない(時間がたつと、ずれてくる)ので、水晶発信器にしたほうがいいと思う。

しおしお殿、ご忠告かたじけない。秋月でこいつがうっとりましたので採用しようかと思いまする。じゃが1PINとられるので、PIN配置を再検討しなければならんことに今更気づきましたでござる。

釈迦に説法かも知れんが、これ、水晶であるから別に発振回路が必要となるのでお忘れなく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時は金なり:

« あれから数ヶ月。。。 | トップページ | 究極のバッテイング理論2 »