« どなたか、お助けを | トップページ | 今度はLCDが。。。 »

2007年11月 5日 (月)

ちと思うこと

昨日、民主党の小沢さんが辞意を表明。連立案を持ち帰ったがことごとく拒否されたのが理由らしいが、小沢さんらしい思う。マスコミや世論は中途半端という意見が多いが、衆議院/参議院の間でいつまでたっても意見がまとまらんのもどうかと思う。かといっていきなり民主が政権政党になってほんとに大丈夫なのかという不安は誰しもがもっており、ならばどこかで共通点を見出し、連立もありかなと思う。一番大事なのはどこが政権をとるかでなく、どうやったら効率的なシステムで運営できるかだと思うのだが、わしのきれいごとじゃろか。

« どなたか、お助けを | トップページ | 今度はLCDが。。。 »

コメント

 小沢党首の考え方は、非常に現実的だと思う。前の与野党逆転のときのようにいきなり政権が交代したら、細川や眉毛じじぃが首相になったときのように、非常に不安になる。なので、連立で、いったん政権担当能力があるのかを確認するというのも手である。
 でも、拙者は、民主党が嫌いである。できれば、政権を担当してほしくない。なぜなら、今の民主党は反対のための反対しかしていない。社民党や共産党のボケに比べれば、ましであるが、まだまだ政権を担当できる器に仕上がっていないと考えるからである。
 テロ特措法に反対していること自体おかしいだろう。社民党や共産党のような万年野党で責任感のない政党なら話がわかるが、そうではないところまで来ているのであれば、もっと現実的に考えるべきだと思う。それができていないところに、今の民主党の未熟さが現れているのである。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちと思うこと:

« どなたか、お助けを | トップページ | 今度はLCDが。。。 »