« 圧電スピーカーその後 | トップページ | ちと思うこと »

2007年11月 1日 (木)

どなたか、お助けを

Untitled 温度センサーLM35さんの出力を増幅させるLMC662でござるが、ブレッドボード上で電圧測定したところ、期待した増幅値になりませぬ(泣き)。LMC662はB点でなぜか5Vになりました。LMC662を壊した可能性を考え、ピン互換のあるLM358に変えたところ、B点は3.7Vになりました。LM358はフルスイングしないことを考えると、両オペアンプとも最大電圧がB点にでていることになりますな。しかし期待値は、ゲイン比5倍なので1350mVになると思ったのですが。。。気になるのは2つ目のアンプを未処置でいいか。後はパスコンでもつけた方がいいのか。プロのアドバイスお願いしますだ。

« 圧電スピーカーその後 | トップページ | ちと思うこと »

コメント

動かない理由がよくわからないが、LM35DZの出力とLMC662の入力に接続している線が長すぎない?
LMC662やLM35DZの電源-GND間にコンデンサ0.1μFぐらい入れたらどうでしよう?
GNDはべたパターンにしていますか?銅テープか何かで小さなGNDプレーンを作ったほうがいいかも。

回路はよいです。
B+、B-は、Gへ落とすとよい。
OBはそのまま。
パスコンとか、そういう問題じゃないと思います。
-Aは何ボルトありますか。
回路が出来ていれば、(5/(20+5.5))×5.5=1.07Vのはずですね。
そうなってるかな。
1.07Vになってるとすると、-Aが、+Aより+になっているのに、
出力が、出っ放しということで、OPが壊れてる。
もし1.7Vなければ、20Kの抵抗辺がおかしいと思いますよ。

しおしお殿、オペアンプ達人殿(初登場の義かたじけない)、いろいろアドバイスありがとうござりまする
相変わらずだめなようです
LM35、およびLMC662の3PINはまず生きているようです
パスコンも入れてみました
B+、B-はGNDに落としました
で-Aですが、0Vでございました
なにかものすごく単純な勘違いをしている気もしますが。。。

20kと5.5kつなぎ目を+Aからはずして。
5.5kにかかる電圧を見てください。
抵抗が切れてなければ、0Vのはずありませんよね!。

遅くまですいません。
20Kを外して試してみましたが、0Vでした。
20K、5.5KのRですが、外してテスターではかるとほぼちかい値です。念のため新しい抵抗にもしましたが結果変わらずでした。後日また報告致します。

回路の問題ではなく何か勘違いか初歩的なミスをしているようです。

ブレッドボード上の写真も出してくれると簡単に解決しそうな気がします…

正常なら -Aの電圧は270mVになるはずです。
考えられるのは、20kオームの断線,5.5kオームのショート 、オペアンプが壊れている などです。
試しに 20kと 5.5kオームの抵抗を取り去って OA と -Aをショートさせてみてください。
OA,-A,+A が共に 270mVならオペアンプは正常です。

皆様、数々のご指摘ありがとうございます 外出中のため、ご指摘頂いたことは明日中には報告します ボード上の写真もきれいにとれるようにしてみます

今思い出したのですが5.5kのRはおもいっきりショートしてます ブレッドボード上で両端子を同じラインにいれてます 片方はGNDにいれなきゃならんのに なんだかすごいオチですいません

ぼけがっ!^ー^

飲み歩いてばかりいるからじゃ!!

なんだか、すごい非難の嵐が。。。
そんなに飲んでないぞよ´ー`
まぁ動いてよかったよかった
でもマイコンに取り込んでAD変換したら、値が変なのよねぇ~
次の山かw
先は長そうじゃ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どなたか、お助けを:

« 圧電スピーカーその後 | トップページ | ちと思うこと »